季節を愛で、美味しく食べる〜旬魚の世界〜 Vol.7

シラウオとシロウオの世界!その違い…あなたは分かりますか?

東京
この逸品
WORD /
シラウオ
シロウオ
魚介料理

著者撮影
魚介類が持つ旨味、香り、脂の乗り、食感など、 「魚味」が最大化される時期こそが旬。 さらに、食べ物で季節を感じる事が出来るのは、日本料理・和食の大きな魅力! 旬を押さえて魚介類を食べると、 美味しいだけでなく食べる喜びがアップします。


前回の記事

さて、唐突ではございますが、「白魚」これは何と読むでしょうか?

「シロウオ」と読まれた方もいらっしゃるのではないかと思います。しかし、実は「シロウオ」は漢字で書くと「素魚」となり、「白魚」とは別の魚となります。「白魚」の正確な読み方は「シラウオ」。大変ややこしいですね…

魚の形状を見ると全然異なるので瞭然ですが、字面だけ見ると判りづらく、混乱を招いている気がします。しかも旬が同じで春(2月中旬~4月)というのも紛らわしい理由。

今回は、「シラウオとシロウオ」の違いについて書いてみたいと思います。

本文を読む

白魚(シラウオ)と素魚(シロウオ)の違い


著者撮影
まず、種別を整理すると、白魚(シラウオ)はサケ目シラウオ科で、素魚(シロウオ)はスズキ目ハゼ科となります。このように姿を見れば全然違いますね。

白魚(シラウオ)は昔から江戸で愛されてきた魚。今では信じられませんが、昔は隅田川が澄んでおり、白魚の名産地だったそうです。歌舞伎の「三人吉三」で「月も朧に白魚の、篝もかすむ春の空」と歌われており、美しい情景描写だと感じさせます。

春の料理としても人気が高く、白魚を蕎麦に見立てた【白魚蕎麦切仕立】と言う珍しい料理も考案されました。また、鮨種としての歴史も古く、小鰭と並んで初期から用いられてきました。

白魚と素魚の産地


著者撮影
現在の産地としては茨城県・霞ヶ浦と島根県・宍道湖が有名で、「宍道湖七珍」の一つにカウントされております。一方で素魚(シロウオ)は、主な産地は宮城県・南三陸町、愛媛県・宇和島、福岡県・室見川など。ともに全国に広く分布しておりますが、珍重されるエリアはそこまで広くない印象です。

素魚については、福岡県博多における【素魚の踊り食い】が有名ですね。ちなみに、「踊り食い」は何でも食べそうなイメージを持たれている中国人には大不評で、「残酷」、「気持ち悪い」などと言われているそうです(笑)

食文化と言うものは面白いもので、自国の文化のみで判断する事は出ないものですね…。なお、素魚については環境省の絶滅危惧種に指定されているため、今後注意が必要な魚となります。

シロウオ#保全状態評価

旬以外に共通して言える事は、寿命が1年しか無い点と、産卵後に死んでしまう点が挙げられます。そして、同じ調理法が多い点も特徴であり、ややこしくしている理由かもしれません。


著者撮影

主な産地(白魚):茨城県・霞ヶ浦、島根県・宍道湖
主な産地(素魚):宮城県・南三陸町、愛媛県・宇和島、福岡県・室見川
主な食べ方:刺身、軍艦巻き(鮨)、椀、酢の物、卵とじ、煮もの、天婦羅、かき揚げ、醤油漬け、塩辛、佃煮
主な栄養素(白魚):タンパク質、カリウム、リン、カルシウム、ナトリウム、マグネシウム、ビタミンA(レチノール)

変わった料理のご紹介


著者撮影
【白魚蕎麦切仕立】
軽く煮上げた白魚に、細切りにした大根を混ぜ、蕎麦ツユをかけ、薬味をまぶす。
【白魚飯】
強めの出汁で煮た白魚を炊きたてのご飯に乗せて、ツユをかけて蒸らす。

いかがでしたでしょうか…。

白魚(シラウオ)と素魚(シロウオ)の違いをご理解いただけましたでしょうか? 旬の白魚と素魚をぜひ食べ比べてみて下さい。

 

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。