この料理を食べる為に訪れたい Vol.164

初島を眺めながら食べるどんぶりは格別!熱海・めがね丸の「あじなめろう丼」

東海
この逸品
WORD /
この料理を食べる為に訪れたい
丼ぶり
探訪で地域を知る
熱海駅
魚介料理

著者撮影
熱海港または伊東港から高速船で30分ほど。初島漁港そばの食堂街にある海鮮食堂「めがね丸」。近海で取れた新鮮な魚介を使った海鮮丼が名物のお店だ。

本文を読む

海が見える島の漁師が営む海鮮食堂


著者撮影

初島に着き、船から降りてすぐの所にある島の漁師が営む食堂。朝漁で獲った新鮮な魚介類と、朝から夕暮れまで見ていても飽きることのない美しい初島からの眺めを体験できるお店としても人気だ。

店内は、漁師が営む食堂街ならではの活気のある雰囲気で、席は4人掛けのテーブル席と座敷がある。

メニューは、生簀代わりの水槽に入った烏賊を使った活いか刺身を筆頭に魚介類定食や丼もの、セット料理など様々なメニューが並ぶ。人気の丼は、船長おまかせ丼、いか丼、あじ丼、あじのなめろう丼、サザエがはいったたまご丼の初島丼など多彩。

新鮮な鯵と秘伝のタレでできた「あじなめろう丼」


著者撮影
肉厚な鯵を捌いて提供されるあじなめろう丼は、秘伝のたれをかけた新鮮だからこそ味わえる丼だ。タレは試行錯誤を重ねて作られたこだわりのものを使用している。

鯵は、つい先ほどまで水槽で泳いでいた魚ということもあり鮮度が抜群。注文を受けてから丁寧に叩いたなめろうは粗挽きに仕上がっており、口に入れた瞬間にねっとりとした食感とともに深い味わいが広がる。

魚好きの人には堪らない漁師のこだわりがつまった丼である。

※以下のお店情報は記事投稿日時点のものです。訪れる際には予め営業日時をお店にご確認ください。

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。