標高404mの神社から、 瀬戸内海と市内を見晴らす。

観音寺の絶景フォトスポット! 天空の鳥居 「高屋神社」

四国
紀行
WORD /
おとなのぶらり旅
天空の鳥居
探訪で地域を知る
香川県
香川県西讃エリア
香川観光スポット
高屋神社

おいしんぐ!編集部

香川県観音寺市、標高404mの稲積山の頂上に本宮がある「高屋(たかや)神社」。地元では「稲積(いなづみ)神社」「稲積さん」と呼ばれ親しまれてきた。天気のいい日には、本宮から観音寺の町並みとその先に広がる青々とした瀬戸内海を見下ろすことができる。ここ数年は「天空の鳥居」のキャッチフレーズと絶景写真とで知られるようになり、2018年には四国八十八景にも選出された。市内でも観光客の絶えない話題のスポットとして再注目されている。

本文を読む

おいしんぐ!編集部


おいしんぐ!編集部
おいしんぐ!編集部

本宮と天空の鳥居へのアクセスルートは2つ。1つは、シャトルバスで一気に頂上まで行く方法だ。おもに土曜、日曜、祝日の10:30~18:00に、県立琴弾(ことひき)公園内有明グラウンド前駐車場から往復のシャトルバスが運行している。約20分ほどで山頂の駐車場に着き、徒歩で150mほどの急な斜面を登ると本宮が見えてくる。
(※2021年4月現在の情報。シャトルバス運行の詳細は観音寺市のホームページで確認を。上記以外の時間はマイカーやレンタカーでもアクセス可能だが、カーナビでは正しく誘導されないケースがあり、山頂までの1本道はかなり狭く危険なので運転には十分注意されたい。)

おいしんぐ!編集部

もう1つのルートは、下宮から山道や石段を登り、中宮の鳥居を経て本宮へとアクセスする徒歩約50分のコース。道の途中には、指で押すとグラグラと揺れるが決して落ちないとされる大きな岩「ゆるぎ岩」が鎮座している。山道のあとに続く270段の幅広く急な石段を登り切れば、本宮に到着だ。汗をかいた後に頂上付近のきれいな空気を吸い込みながら眺める景色は格別だろう。いずれのルートも、急な斜面や山道など足元が不安定な場所があるので、歩きやすい靴でアクセスしよう。


おいしんぐ!編集部
おいしんぐ!編集部

おいしんぐ!編集部

本宮で参拝をし、鳥居で記念写真を撮ったあとは、本宮の北側に回ってみよう。仁尾方面を見晴らすことのできる展望台があり、父母ヶ浜のビーチや、青い海にぽっかりと浮かぶ大蔦島、小蔦島などこちらも美しい風景を楽しむことができる。下山する前には忘れずにチェックしたい。

まるで雲の上から地上を見下ろしているかのような、鳥居の向こう側に広がる美しいビューは、他ではなかなか味わえない。香川を訪れたら一度は足を運んでみてほしい。

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。