見た目はカラフル、甘さは控えめ。

個性と旬の果物にこだわった、果実たっぷりのジューシーかき氷を。「 chou2 坂出店」

四国
店舗情報
WORD /
かき氷
スイーツ
坂出駅
香川カフェ
香川グルメ
香川県中讃エリア
香川県坂出市

おいしんぐ!編集部

10時の開店から、次々とお客さんが途絶えない人気店「chou2(シュシュ)」。お目当ては、30種類を超える個性あふれるかき氷だ。瀬戸内海を隔てた岡山県倉敷で2019年5月にオープンしたところ、そのビジュアルと味のおいしさに、またたく間に情報がSNSで拡散。2号店となる香川県坂出店を、2020年7月にオープンした。


外観 おいしんぐ!編集部

外観 おいしんぐ!編集部

テイクアウトにして車で食べるお客さんも多い。店の前にはカラフルな撮影スポットも。

本文を読む

かき氷を注文しようとメニューを開くと、そのバラエティの豊富さと珍しい組み合わせに驚く。メニューを開発しているのは、倉敷本店でマネージャーを務める元パティシエの塩見香月さん。「ありきたりじゃないかき氷を出したかったんです」と話すとおり、モンブラン、苺大福、フレンチトースト、わさびなど、どんな味なのかわくわくさせてくれるユニークなかき氷が並ぶ。

おいしんぐ!編集部
フルーツ系で人気ナンバーワンの定番かき氷、贅沢いちごといちごのエスプーマ950円。いちごをたっぷりと使ったソースと生クリームを泡立てたエスプーマがかかっている。


おいしんぐ!編集部

おいしんぐ!編集部

全16種類ある「定番のかき氷」では、「いちごのエスプーマと生チョコガナッシュ」「白玉あずきの濃い宇治抹茶」「ほうじ茶ティラミスとおこげ白玉」「焦がしキャラメルと香ばしナッツ」など、どれも凝った作りで食べてみたくなるものばかり。


内観 おいしんぐ!編集部

内観 おいしんぐ!編集部

ゆったりしたいならイートインを。店内も写真映えするかわいらしい造り。

定番に加えて、さらに16種類の「季節限定のかき氷」もある。たとえば夏には「クリーム仕立てのとうもろこしミルク」「桃好きのためのももごおり」「すいかのまんまのちょこっとソルティ」など、旬のフルーツや野菜をふんだんに使った個性たっぷりのかき氷が人気だ。


おいしんぐ!編集部

おいしんぐ!編集部

夏季限定のかき氷、あっさりレモンのキウイみるく800円。まるでキウイをそのまま食べているかのような、果実感たっぷりのソースが特徴。さっぱりとしたレモンとの相性も抜群。

「フルーツそのものの甘みを大切にしているので、見た目ほど甘くないのが特徴です。旬の新鮮なフルーツを、農家さんや市場から仕入れています」と塩見さん。確かに、カラフルな見た目に反して甘さは控えめで、果実のジューシーさを感じる優しい味わいだ。


おいしんぐ!編集部

おいしんぐ!編集部

店名の「chou2(シュシュ)」はフランス語で「お気に入り」という意味とのこと。かき氷にトッピングをすることができるので、カスタマイズしながら自分のお気に入りの味を楽しんでほしい、という意味も込められているそう。トッピングはキャラメルやカマンベールなどのソースやクリーム、チョコレートやナッツ類、あられ、白玉、フルーツなど50種類近くから選べるのが楽しい(有料)。

かき氷のほかには、タピオカ入りドリンクも人気。香川ドライブの途中に立ち寄って、カラフルでおいしい旅の思い出を残してみては?

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。