この料理を食べる為に訪れたい Vol.96

五臓六腑に旨味が染み渡る!皆吉の「特製皆吉ほうとう」

関東・甲信
この逸品
WORD /
JR中央本線
うどん旅
この料理を食べる為に訪れたい
ご当地グルメ
そば・うどん
勝沼ぶどう郷駅
探訪で地域を知る

著者撮影
JR中央本線の勝沼ぶどう郷駅から車で15分ほど。ぶどう畑が広がる勝沼の国道411号沿いに店はある。築130年のけやき造りの古民家を利用したほうとう専門店「皆吉」だ。甲府の郷土料理でもある「ほうとう」が味わえるお店だ。

本文を読む

明治期建築の民家の一部を開放したほうとう専門店


著者撮影
こちらのお店は、古民家を使った風情ある佇まいのほうとう専門店で、提供されるほうとうは多いときで1日200食出るほどの人気店だ。

店内は築130年を思わせる趣が感じらる座敷があり、ゆったりと席が組まれ寛げる雰囲気。建物の素晴らしさもさることながら、座敷から見える庭の植栽も見事だ。

メニューは、5種類のほうとうの他に、冷しうどん、おざら、鴨つゆうどん、湯もりうどんなどの麺類、鳥もつ煮、馬刺し、合鴨のくん製などお酒に合う一品料理も充実している。

自家製味噌を使った鉄鍋で提供される


著者撮影
大きな鉄鍋でじっくり煮込まれ提供される「特製皆吉ほうとう」は、こだわりの自家製味噌で味付けされ、野菜やきのこ、豚肉、鶏肉など具沢山のほうとうだ。

味のベースとなる出汁は、北海道産利尻昆布をはじめ、さば、いわし、あごだしなどを使用し化学調味料を一切使わず毎朝とっている。また自家製味噌は、毎年冬に仕込み北海道や秋田産の非遺伝子組み換えの大豆を使用し、昔ながらの麦麹をふんだんに使い約2年熟成させ香り高いコクのある味噌に仕上げている。

麺は、コシが残るやや太めのしなやかな麺。自家製味噌と出汁がしっかりとした輪郭のコクを生み出すスープと絶妙に絡みあう。


著者撮影
具材は、甲州天空かぼちゃ、大塚長人参、白菜等の地野菜、しめじ、鶏肉、そして豚肉とたっぷり。旬の自家製地野菜を可能な限り使用しているところにもこだわりが感じられる。それぞれに具は煮込み過ぎず、素材の味も堪能できるのも実にいい。

いくらでも食べられそうな印象の洗練された味わいのほうとうである。

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。