この料理を食べる為に訪れたい Vol.118

下町の焼鳥屋で食す、”秘伝のタレ”をまとった!おが和の「やきとり重」

東京
この逸品
WORD /
この料理を食べる為に訪れたい
丼ぶり
人形町駅
和食
東京メトロ日比谷線
東京焼鳥
東京酒場
焼鳥
都営浅草線

著者撮影
東京メトロ日比谷線又は、都営浅草線の人形町駅から徒歩2分ほど。表通りから少し入った路地に店を構える老舗焼鳥屋「おが和」。ボリュームたっぷりの焼鳥重が名物のお店だ。

本文を読む

創業60余年の焼鳥屋


著者撮影
趣きのある外観が歴史を感じさせる、知る人ぞ知る老舗の焼鳥店。名物の焼鳥重を求めてやってくる客で行列ができるお店だ。

焼鳥を焼いている香ばしい香りが漂う店内は、こじんまりしとしていて昭和の雰囲気を残しており、焼き場とそれを囲むようにL字型の白木のカウンター8席と2階に座敷がある。

ランチメニューは、やきとり重の1品のみの提供。ご飯大盛りは無料で肉大盛りは100円増である。

秘伝のタレをまとった「やきとり重」


著者撮影
やきとり重は、硬めに炊かれたご飯に刻み海苔が散らされ、その上に一口サイズの焼鳥が2段重ねと、ビッシリと並べられ提供される。

炭火で香ばしく焼き上げられた鶏肉は大振りでタレがよくからんだ濃色。 芳醇な旨みを含んだタレをつけられて出てくる焼き鳥は昔ながらの懐かしい印象だ。上質な鶏肉としっかりと手間を掛けて焼かれており、頬張ればむっちり弾力のある歯応えのあとに柔らかな身が口の中でほろりとぼくれ、旨味が口中に溢れる。

下町の焼鳥屋の底力を感じる最後まで飽きることなくいただけるやきとり重である。

※以下のお店情報は記事投稿日時点のものです。訪れる際には予め営業日時をお店にご確認ください。

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。