この料理を食べる為に訪れたい Vol.75

新鮮な大山どりを職人技で仕上げる! 八巻の「ちぎも」

東京
この逸品
WORD /
この料理を食べる為に訪れたい
東京酒場
焼鳥
白山駅
都営三田線

著者撮影
都営三田線の白山駅から徒歩2分ほど。旧白山通り沿いに店を構える隠れた焼鳥の名店「八巻」。この道30年以上のベテラン職人が腕をふるう知る人ぞ知る焼鳥店だ。

本文を読む

知る人ぞ知る焼鳥の名店


著者撮影
こちらのお店は、今はなき池之端の名店「八巻」の流れを汲む店でもある。大きな団扇で扇ぎながら焼鳥を焼き上げるご主人の立ち姿は必見だ。

席は焼き場を囲むカウンターのみで、お品書きには特にお決まりコースは無いが、おまかせで注文すれば食事のペースや好みに合わせ、最高の状態で焼き上げてくれる。

使用する鷄は、新鮮な大山どり。丹精には焼かれた串はどれも軽やかな口当たりで、間に野菜串が挟まれることもあって、重たさを一切感じぬまま食べることができる。

食べる前から旨さを想像させる艶やかな「ちぎも」


著者撮影
ちぎもは、丁寧に薄皮を取り除き、厳選部位のみ提供される。鮮度の良さが如実に表れる艶とハリが食べる前から旨さを想像させる。

レアな焼き加減が絶妙で、口の中で弾ける強烈な旨みと後から追いかけてくる濃厚な甘みは悶絶もの。水分を飛ばしすぎない絶妙な火入れ加減は見事というほかない。

ちぎもの味わいを存分に引き出した、食べ心地軽やかな職人技の串である。

※以下のお店情報は記事投稿日時点のものです。訪れる際には予め営業日時をお店にご確認ください。

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。