この料理を食べる為に訪れたい Vol.16

秩父が誇るご当地ホルモン!高砂ホルモンお花畑駅前の「豚ホルモン盛り合わせ」

関東・甲信
この逸品
WORD /
この料理を食べる為に訪れたい
ご当地グルメ
ホルモン・モツ料理
御花畑駅
秩父ホルモン
秩父鉄道秩父本線

著者撮影
昭和の時代、秩父の一大産業であったセメント業の労働者たちの胃袋を満たしていた豚ホルモンが味わえるホルモン専門店『高砂ホルモンお花畑駅前』。店内は昭和の香りを色濃く残した懐かしいコの字のカウンターがなんとも味わい深い。

本文を読む

労働者たちの胃袋を満たしてきたホルモン専門店


著者撮影
メニューは豚ホルモン数種類とキュウリ、キャベツ、ライスにお酒などの飲み物の至ってシンプルな構成である。

毎週月曜・水曜・金曜に仕入れる「豚ホルモン」


豚ホルモン盛り合わせ6種(カシラ、タン、コブクロ、レバー、ハツ、シロ):2,360円(税込)
著者撮影

ホルモンは、カシラ、タン、コブクロ、ナンコツ、レバー、ハツ、シロの7種類からお好みでで盛り合わせることができる。なかでもレアでいただけるプリプリのハツとレバーは、なかなか出会えない品質でその鮮度を物語っている。


著者撮影
こちらを炭が赤々と燃える七輪で焼き、唐辛子とニンニクを効かせた特製のピリ辛の秘伝の自家製タレでいただく。どの部位もホルモン特有の臭みは全くなく、それぞれの味と食感の違いを最後まで存分に楽しむことができる。

鮮度と下処理という美味しいホルモンに求められる2つの絶対条件を高いレベルで満たした逸品である。

 

※以下のお店情報は記事投稿日時点のものです。訪れる際には予め営業日時をお店にご確認ください。

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。