タベアルキスト10選

タベアルキストが選ぶ!東京の醤油ラーメン10選

東京
タベアルキスト10選
WORD /
この料理を食べる為に訪れたい
ラーメン
東京ラーメン
東京醤油ラーメン
醤油ラーメン

著者撮影

醤油ラーメンに再び注目が集まる

ラーメンの起源には諸説ありますが、かん水を使った中華麺と鶏ガラスープ、そして日本蕎麦由来のカエシ(醤油ダレ)が出合ったところから日本料理としてのラーメンの歴史がスタートしたという説が有力です。その後全国各地で、味噌ラーメン・塩ラーメン・豚骨ラーメン等が生まれ、ご当地ラーメンブームを経て爆発的な発展を遂げる。ラーメンは今や世界に誇れる日本の国民食までになっています。近年では洋食の素材や調理法等も取り入れ、ますますボーダーレス化が進んでいます。その一方で「ノスタルジックラーメン」等と称されるオーソドックスな中華そば(醤油ラーメン)にも再び注目が集まっています。

本文を読む

タベアルキストが選ぶ東京の醤油ラーメン10選の選定は、年間600杯以上のラーメンを食べているタベアルキストが中心となり、「実際にリピートしている」・「人に教えたくなる」の2つの視点で東京の醤油ラーメンを厳選。今食べるべき東京の醤油ラーメン10選をご紹介します。
 

Homemade Ramen 麦苗

巧みなバランスが際立つ醤油らあめん

醤油らあめん:830円(税込)著者撮影
山形の地鶏をベースに本枯鰹節、伊吹煮干し、真昆布などの清湯スープに、6種類の醤油を合わせたタレが加わり、得も言われぬ芳醇な旨みが広がる一杯に。 小麦感はしっかり伝わってくるなめらかな自家製麺の喉越しも心地良く、最後の一滴まで飽きさせない。

Homemade Ramen 麦苗

 

中華そば しば田

鴨出汁の概念を覆す洗練された中華そば

中華そば:780円(税込)著者撮影
オールドスタイルのビジュアルの醤油ラーメン。青森県産の鴨や蛤などでとったスープに、キリリとした生醤油ダレを合わせた繊細な内容で、口に含めば舌に吸い付くような香りと旨みが冴え渡ります。ザラっとした麺肌でプツンと噛み切れる麺の感触が気持ち良い。

中華そば しば田

 

手打式超多加水麺 ののくら

超多加水麺の食感が忘れられなくなる中華そば

中華そば:750円(税込)著者撮影
魚介の風味を丸鶏の旨味が優しく包み込んでいるスープに浸された、50%を超える超多加水の手打ち太縮れ麺の存在感がもの凄い。もっちりしてコシが強く、まるでうどんの様な食感。この麺を頬張り咀嚼する快感は、一度食べたら忘れられない。

手打式超多加水麺 ののくら

  

超純水採麺 天国屋

引き算の末にたどり着いた究極の鶏と醤油のラーメン

鶏醤油麺:800円(税込)著者撮影
余計なものは一切加えず、鶏の旨味を最大限に引き出して、醤油で深みを加えている。スープを一口飲めば、その溢れだす風味に驚愕するはず。シンプル・イズ・ベストを体現したラーメンは、子供にも安心して食べさせられる。

超純水採麺 天国屋

  

ラーメン屋 トイ・ボックス

鶏と水に拘って進化した引き算の醤油ラーメン


醤油ラーメン:750円(税込)著者撮影
数種類の地鶏のガラと丸鶏と水だけで炊いたスープに、鶏油と切れのある醤油ダレで奥行きのある鶏清湯に仕上げている。素材の味を存分に生かしたスープを完飲したくなる一杯である。

ラーメン屋 トイ・ボックス

 

くじら食堂

心地よい食感の手ごね平打ち麺


醤油ラーメン:720円(税込)著者撮影
平打ちの太い麺は自家製麺。茹でる前に丁寧に手ごねをするため茹であがった麺は不規則に波をうっている。その程よい波のある硬さの麺の食感は心地よくスープとの絡みも絶妙。スープは動物と魚介を組み合わせたあっさりとした清湯系。あっさりとしていながらコクの奥深さで力強い麺を引き立てている。

くじら食堂

 

麺や七彩

不揃いな打ち立て麺が心地良い極みの喜多方らーめん


喜多方ラーメン:820円(税込)著者撮影
カウンター客の目の前で実際に麺を打ち、そのまま出来立てを調理し提供しているラーメン。不揃いでボコボコした舌触りではあるが、濃厚な煮干のビターテイストなスープをじんわりと絡ませて食べられるので麺の旨味も加わり満足度高いラーメンを味わえる。

麺や七彩

  

一番いちばん

味の向上を続ける癒しの中華そば


中華そば:750円(税込)著者撮影
白河ラーメンをルーツにしつつも、スープ・麺・具材の全てにおいて更なる進化を遂げた中華そば。毎日青竹で手打ちされるプルプルの平打ち縮れ麺が、鶏と醤油の旨味溢れるスープをまとって口の中で踊り、その旨味と食感の虜になる。

一番いちばん

  

Tombo

旨味過多にならないバランスの取れた旨味ソバ


醤油の旨味ソバ著者撮影
動物系と魚介系の旨味が幾重にも重ねられてはいるのですが、バランスが良く行きすぎていないので、最後の一滴を飲み干すまで惹きつけられる優しい旨味が継続する。
しなやかな細ストレート麺も柔らかめに茹でられていて、小麦の風味もしっかり感じられる。

Tombo

  

らーめんMAIKAGURA

素材と向き合う実直さが滲み出た醤油らーめん


醤油ラーメン:760円(税込)著者撮影
スープは鶏と水のみで、醪の様な舌触りがかすかに感じられるまろやかな醤油ダレが合わせてある。使う素材を厳選し、過剰な味の足し算を排除した結果辿り着いた、シンプルで深い旨味に、しっとりとした細ストレート麺が良く合っている。

らーめんMAIKAGURA

 
※以下のお店情報は記事投稿日時点のものです。訪れる際には予め営業日時をお店にご確認ください。
 

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。