おとなのぶらり旅・宇都宮編

栃木県 宇都宮で美食探訪!神秘的な地下空間も満喫する旅 <後編>

関東・甲信
紀行
WORD /
JR宇都宮駅
おとなのぶらり旅
カフェ
スイーツ
バー
宇都宮線
探訪で地域を知る
鮨・寿司

著者撮影
栃木県の宇都宮市。薬膳餃子ランチや大谷資料館で神秘的な時間を過ごした前半に続き、後半では江戸前仕事にこだわる鮨を食べられるお店や生演奏を聴きながらお酒を楽しめるバーなど、夜の宇都宮を中心に紹介していきます。


前編はこちら

本文を読む

手作りドーナツ専門店「ドー・ドーナツ」でスイーツ休憩


著者撮影
観光した後にふらっと訪れたいのが、「ドー・ドーナツ」。自然な素材を厳選して使用しており、“毎日食べたい安心おやつ”をコンセプトに一つ一つ手作りしているドーナツ専門店です。


著者撮影
細部にまでこだわりが感じられる白を基調とした店内は、ヨーロッパで永く大切に受け継がれてきたアンティーク家具で統一されており、イートインスペースは明るく心地よい空間になっています。そしてショーケースには焼きたてのドーナツがずらりと並んでいます。


プレーンドーナツ:150円(税込) 著者撮影
有機バーム油と菜種油をブレンドして揚げられたふわふわ食感に仕上げられたドーナツ。素材に国産の小麦粉や飼料にこだわった卵、成分無調整牛乳など厳選した素材を使用しています。表面には砂糖がまぶしてあり、優しい甘さがふわっと口の中に広がります。


ドーナツパフェ:1,100円(税込) 著者撮影
ドーナツラスクをTOPに旬のフルーツとジェラート、コンフィチュールにドーナツで構成されるパフェは、月ごとにフレーバーが異なります。訪問した10月は栗を使ったパフェでした。

茨城産の栗を使ったモンブランとほうじ茶のジェラートにドーナツの食感とカシスの酸味がアクセントに。特に少しざらつきも感じる和栗のモンブランペーストの甘さの程良さに驚嘆です。

ドー・ドーナツ

 
 

「丸萬寿司」で江戸前の仕事を施した鮨を食す


著者撮影
創業45年を超え、言わずと知れた宇都宮を代表する鮨屋。店内は、鮨屋特有の敷居の高さがなく気軽に立ち寄れる雰囲気が漂います。

以前は、街場の寿司屋として握りや刺身を中心に扱っていたそうだか、2代目になってから少しずつ産地にこだわった天然魚を仕入れ、熟成と寝かせを使い分けた江戸前の仕事を施した鮨を振る舞うようになったとのこと。


小鰭 著者撮影
佐賀県有明海産の2枚付け小鰭。酸味の穏やかな酢で〆られレアに仕上げられている。脂もしっかりのって甘味があり、噛み進めれば旨みがジュワジュワ湧いてきます。


青柳 著者撮影
江戸前の青柳。色が美しい艶やかな身は甘味が強く青柳ならではの独特の風味も強い。シャリに決して埋もれずしっかりとした存在感を感じさせます。


海胆 著者撮影
北海道函館産の紫うに。シャリとの相性と濃厚な甘味を味わってもらうため握りで。クリーミーで磯の香りがし、あっさりとしていながらも甘さも感じることができます。

丸萬寿司

 
 

美味しいお酒と音楽を「パイプのけむり 武井」で楽しむ


著者撮影
宇都宮市内に5店舗展開するパイプのけむりグループの「パイプのけむり 武井」。店名の通り、マスターのお名前が武井さんである事に由来しているバーです。


柿のバレンシア 著者撮影
目の前で組み立てられていくカクテルのライブ感もバーの醍醐味。鮮やかな手つきに惚れ惚れしてしまう…そんなことを考えている間にカクテルは完成。

宇都宮産の柿を使った「柿のバレンシア」は、トロリとした口当たりですが、味はさっぱり目。オレンジの爽やかさの奥に柿の優しい甘みと香りが潜んでいます。とても飲みやすい一杯です。


ソルティードッグ 著者撮影
続いて、カクテルの定番の一つ、ソルティードッグを頼んでみました。ヒマラヤのピンク岩塩を使ったハーフ付けがこちらのお店のスタイル。同じカクテルでも作り手によって少しずつ違うので、飲み比べてみるのもバーを楽しむ方法の一つ。

グレープフルーツのほろ苦さとスッキリと飲み口の一杯でした。


著者撮影
カクテルを楽しんでいると、ピアノマンによる生演奏が始まりました。やはり生音は雰囲気が違います。奏者のセレクトにゆだねるのも良いですが、もちろん自分からリクエストすることもできます。

ゆるりと時間が過ぎる店内の空気に浸りながら、旅の1日を振り返ってみてはいかがでしょうか。

パイプのけむり 武井

  

※以下のお店情報は記事投稿日時点のものです。訪れる際には予め営業日時をお店にご確認ください。

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。