この料理を食べる為に訪れたい Vol.103

栃木県が世界に誇るあさの豚の旨味凝縮!クローバーステーキハウスの「あさの豚 ポークソテー」

関東・甲信
この逸品
WORD /
JR烏山線
この料理を食べる為に訪れたい
ステーキ
探訪で地域を知る
烏山駅
肉料理

著者撮影
JR烏山線の烏山駅より車で10分ほど。雄大な自然の中に溶け込むように佇むレストラン「クローバーステーキハウス」。厳選された素材を使用したステーキやハンバーグが味わえるお店だ。

本文を読む

栃木県民なら誰もが知るレストラン


著者撮影
1999年に創業されたこちらのお店は、田園風景に突如現れる中世ヨーロッパの古城をイメージさせるような建物が印象的なレストラン。店名のクローバーは、「四つ葉のクローバー」=幸せをもたらすと言うことから名付けられたのだとか。

「フレンチの技術をベースにし、自由な発想・素材を駆使し心から“うまい”と思える料理をあなたに」の言葉通りに、型に捕らわれない料理を開店当初と変わらず提供しており、肉の品質や味はもちろんのこと、行き届いたおもてなしとサービスもまた魅力のひとつだ。

料理は、「あさの豚」をはじめ、地元で採れる新鮮な野菜や特産品のヤシオマスなどの魚料理も充実している。

栃木県が世界に誇るブランド豚「あさの豚 ポークソテー」


著者撮影
人気メニューであるポークソテーは、栃木県さくら市が誇る高級豚肉「あさの豚」を使用し、厚切りのまま焼上げた逸品だ。「あさの豚」は、美味しい天然水、良質な飼料、良い環境にこだわった牧場で生産され出荷されるのは1週間にわずか80~90頭ほどの希少価値の高いブランド豚である。

肉の繊維が気持よく弾ける豚肉で、豚肉なのにサシが多く肉にも脂にも旨みが強いのが特徴。フランス・カメルグ産の天日塩を合わせることによって、脂の甘みが牛にも負けないほど感じられる。


著者撮影
肉厚のポークソテーは、火入れの巧さが感じられる薄桃色に染まる断面だ。ナイフを素直にスウ~ッと受け入れてくれるのは肉の繊維がきめ細やかな証拠である。

あさの豚が持つ素の旨味を十二分に堪能できる逸品である。

※以下のお店情報は記事投稿日時点のものです。訪れる際には予め営業日時をお店にご確認ください。

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。