採れたてぶどうを求めて。庄内・鶴岡編

極甘ぶどうを好きなだけ!カラフルぶどう園の「ぶどう狩り体験」

東北
フードツーリズム
WORD /
JR羽越本線
この料理を食べる為に訪れたい
フルーツ狩り
庄内
庄内体験
探訪で地域を知る
生産者に会いに行こう
鶴岡市
鶴岡駅

著者撮影

どこまでも広がる、青い空と豊かな田園。鶴岡市郊外に位置する「カラフルぶどう園」では、20種類前後のぶどうが育つ。糖度がピークを迎える8月31日から10月20日まで、こちらでぶどう狩りを体験することが可能だ。

本文を読む

13年前から始めた観光園

著者撮影

「カラフルぶどう園」では、1時間のぶどう狩りを楽しむことができる。入園料は、大人1,000円、小学生600円、幼稚園200円。さらに小さいお子様は無料で利用が可能だ。リピーターが多く、9月から10月の間に数回訪れる人もいると言う。時期によって食べ頃を迎えるぶどうの品種が変わるため、来る度に異なる味わいを堪能できるのだ。


著者撮影


著者撮影

著者撮影

こちらの農園では、農薬の使用量にも気を使っている。オーナーの佐久間富井さんは、「通常、ぶどうは12〜13回程度農薬を使用するが、ここでは3〜4回ほどの利用に抑えている」と語る。また、栽培時に化学肥料も使用しておらず、自然に落ちた葉っぱが腐葉土となり、おいしいぶどうを育てている。

著者撮影

ぶどう園の中にはテーブルと椅子も用意されており、ぶどう狩りの最中に、採れたてのぶどうを頬張りながら一休みするのも◎。

この休憩スペースで、佐久間さんが山形名物の芋煮をふるまうこともあるという。ぶどう棚の下でいただく芋煮は、きっと思い出に残るはずだ。

糖度20度以上。「カラフルぶどう園の採れたてぶどう」

著者撮影

糖度が20度を超える甘いぶどうを楽しめるのもこの農園の魅力。中でも、9月中旬に食べ頃を迎えるスチューベンは、25〜26度にまで糖度が上がるという。

ピオーネや安芸クイーンのように種なしで手軽に食べられるものから、ホルモン剤を使用せず種を残した高墨、ロッソビアンコなど、栽培しているぶどうのバリエーションは様々だ。

著者撮影

8月終わり頃から食べ頃を迎えるのが、ピオーネ、安芸クイーン、そして、しっかりとした果肉が特長の高尾だ。9月の中旬にはスチューベンやロザリオビアンコが収穫できる。9月下旬になると、シナノスマイルや高級品種の赤いピオーネ、色が美しい黄緑になるよう袋をかけて大事に育てられたシャインマスカットが食べ頃だ。10月には、ロザリオロッソや、シャインマスカットの兄弟にあたるオリエンタルスターが味わえるようになる。

食べられるぶどう品種の変化とともに、季節の移り変わりを感じられるのが楽しい。

※お店の情報は記事投稿日時点のものです。訪れる際には予め営業日時をお店にご確認ください。

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。