この料理を食べる為に訪れたい Vol.280

見た目に反したあっさりした味わい!徳島・いのたに本店の「中華そば」

四国
この逸品
WORD /
JR高徳線
この料理を食べる為に訪れたい
ご当地グルメ
ラーメン
徳島ラーメン
徳島線
徳島駅
探訪で地域を知る
牟岐線

著者撮影
JR高徳線・徳島線・牟岐線の徳島駅から徒歩15分ほど。藍場浜公園近くに長年店を構えるラーメン屋「いのたに本店」。濃厚な茶色のスープに短めの細麺をあわせた徳島ラーメンが味わえるお店だ。

本文を読む

1966年創業のラーメン屋


著者撮影
1999年に新横浜ラーメン博物館に出店し徳島ラーメンの知名度を全国に一気に知らしめた、創業半世紀を超える老舗のラーメン屋「いのたに本店」。

店内は、全国から訪れた有名人の色紙が飾られており、席はコの字カウンターの左右2箇所に配置された40席ほど。

メニューは、中華そば肉入大盛り・中盛、中華そば大盛・中盛、ライス、生卵(ヨード卵)のみとシンプル。

斬新なオリジナルラーメン


著者撮影
中華そばは、茶色のスープ、甘辛く煮つけられた豚バラ肉、鎮座する生卵のビジュアルが特徴のラーメンだ。

煮干などの魚介類と野菜を加えてじっくり煮込んだスープは豚骨醤油。カエシが強めの茶濁スープだが丸みのある柔らかい口当たりで、円やかな豚骨の旨味が確りと先行するカエシが程よいバランス。

具は、豚バラ肉、メンマ、モヤシ、ネギ、生玉子。甘辛く煮つけられた豚バラ肉は、ご飯が欲しくなる味わい。


自家製の麺は、加水抑え気味の中細ストレート麺。モチっとした食感ながら啜り心地が良く徐々にスープに馴染んでいく印象。

豚骨醤油スープに中細ストレート麺が絡み合い、えも言われぬ味わいを醸し出したラーメンである。

※お店の情報は記事投稿日時点のものです。訪れる際には予め営業日時をお店にご確認ください。

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。