この料理を食べる為に訪れたい Vol.292

目の前で焼き上げてくれるライブ感が堪らない!徳島・ししくいの「踊り焼き」

四国
この逸品
WORD /
JR四国牟岐線
この料理を食べる為に訪れたい
探訪で地域を知る
阿波富田駅
魚介料理

著者撮影
JR四国牟岐線の阿波富田駅から車で約10分ほど。徳島県東端の沖洲マリンターミナル近くに店を構えるにある海女料理専門店「ししくい」。その日の取れたての新鮮な魚介類を活かした踊り焼きが名物のお店だ。

本文を読む

1965年創業の海女料理専門店


著者撮影
魚は使わず、新鮮な貝や海老などを卓上の焼き場で踊り焼きにする豪快な海女料理が味わえるお店「ししくい」。店名は創業した先代の出身地の宍喰町から取っているとのこと。

座敷を完備する店内は肩肘張らないゆったり寛げる雰囲気で、席数は150席ほど。

メニューは、伊勢海老を心ゆくまで堪能できるメニューの松、活きのよさを食べ尽くすメニューの竹、新鮮な魚介類をお手頃価格で満喫できるメニューの梅の3種類を中心とした贅沢な海の幸のコース料理のみ。

五感で味わう「踊り焼き」


著者撮影
踊り焼きは、その名が示す通り新鮮な魚介を、焼きのプロが目の前で焼いてその味を目・耳・鼻・舌で存分に堪能できる豪快な海女料理だ。

踊り焼きにする食材は、タライに入れられ供される。海老の産地として知られている宍喰等直送のうちわえび、ひおうぎ貝、あわび、さざえ、はまぐり、かきなど。まだ活きているので桶から飛び出しそうな新鮮さである。


著者撮影
各テーブルに置かれた鉄板で、海鮮好きなら誰でも思わず涎が垂れてくるであろう食材が、卓上の焼き場でどんどん踊り焼きにされていく様は圧巻の一言。


著者撮影
絶好のタイミングで新鮮な魚介を旨さをギュッと閉じ込めるプロの焼き技で、素材の良さをそのままに楽しめる。

なかでもうちわえびは、焼かれるほどに身はやや強めに締まり、旨味や甘味が凝縮し濃厚な味わいに。

鉄板に立ち上る香りに思わず舌鼓をうってしまう逸品である。

※以下のお店情報は記事投稿日時点のものです。訪れる際には予め営業日時をお店にご確認ください。

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。