この料理を食べる為に訪れたい Vol.80

超濃厚で病みつきになる味わい! 八ちゃんラーメンの「ラーメン」

九州・沖縄
この逸品
WORD /
この料理を食べる為に訪れたい
ご当地グルメ
ラーメン
探訪で地域を知る
福岡市地下鉄

著者撮影
福岡市地下鉄の西鉄薬院駅から徒歩3分ほど。21時からの夜営業のみで、博多を代表するラーメン屋「「八ちゃんラーメン」は地元はもちろん、県外からも連日連夜多くの人が訪れることで有名なラーメン屋だ。

本文を読む

博多っ子が愛する1968年の創業のラーメン屋


著者撮影
深夜2時半まで営業するこのお店は、博多っ子が愛する人気のラーメン屋。博多における深夜ラーメンの代表格といえる存在のお店だ。店名の『八ちゃん』の名称は、創業者の橋本さんの愛称のはっちゃんに由来している。

独特の豚肩臭が漂っている年期が入った店内は、肩ぶつかりあうほどの狭さで10席ほどだ。

メニューは、ラーメン、チャーシューメン、ワンタンメンなどのラーメン類の他、餃子、おでん、おにぎりが揃う。

唯一無二の豚骨ラーメン


著者撮影
圧倒的な髄の濃度を感じることができる豚骨ラーメンの最大の特徴は、スープが白濁していて麺が見えないこと。

専用の羽釜でワイルドに炊かれた荒々しい豚骨スープは、骨髄粉が遠慮なく湯面を踊り自然に出た脂と融合する事で、唯一無二な仕上りを実現している。

麺は博多ラーメンでは珍しいクラシカルな平打ちの極細麺。コシに粘りのある麺で、猛烈な旨みを凝縮した豚骨スープとの相性は抜群。具は博多青ネギにチャーシューというシンプルな内容だ。


著者撮影
白濁な豚骨というより茶濁なスープは、表面の脂・豚骨層・黒い層の三層構造の独特の個性がある。滑らかでとろみがあり、まったりと甘く豚の旨味が濃厚かつ強烈で、粘度が食欲を刺激する。髄までしっかりと煮出してあり、スープの底には髄がたまっているのも特徴だ。

圧迫的だが抗えぬ魅力を最後まで放つラーメンである。

※以下のお店情報は記事投稿日時点のものです。訪れる際には予め営業日時をお店にご確認ください。

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。