この料理を食べる為に訪れたい Vol.152

桃を贅沢にまるごと1玉以上も使用!くらしき桃子 倉敷本店の「桃パフェ」

中国
この逸品
WORD /
JR山陽本線
カフェ
この料理を食べる為に訪れたい
スイーツ
パフェ
倉敷駅
探訪で地域を知る

著者撮影
JR山陽本線の倉敷駅から徒歩13分ほど。江戸の町並みが残る倉敷美観地区にあるカフェ「くらしき桃子」。岡山県産のフルーツを使用したパフェが名物のお店だ。

本文を読む

2013年創業の古民家を生かしたカフェ


著者撮影
白壁の町並み広がる倉敷美観地区の一角に佇むこちらのお店は青果会社が手掛けるお店だ。

築150年の町屋を改装した店舗の1階ではフルーツを使ったお土産を販売し、2階では西洋アンティークのエミール・ガレの作品を眺めながらパフェやスイーツが楽しめるカフェとなっている。

メニューは、新鮮なフルーツの美味しさを最大限に生かしたパフェやフレッシュジュース、タルトやジェラートなど、青果会社ならではの旬のフルーツのスイーツが並ぶ。

旬の白桃を贅沢に使用した「桃パフェ」


著者撮影
宝石のようにコロンとした白桃がのった人気のパフェは大きめのグラスに、桃のソースや桃のシャーベットなどを盛り込んだ見た目に圧倒されるスペシャルなパフェ。

白桃は肉厚でジューシーな果肉が楽しめるように大玉の桃を厳選している。美しくカットされた桃の下には、桃のジェラートや桃のジュレなどが層になっている。桃は果汁が多く、甘い香りとトロけるような食感が特徴的。

桃の瑞々しさと適度な甘さが生クリームと相性バッチリな魅惑の逸品である。

※以下のお店情報は記事投稿日時点のものです。訪れる際には予め営業日時をお店にご確認ください。

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。