この料理を食べる為に訪れたい Vol.20

おでん種の競演!那覇で食すおでん東大の「おでん盛合わせ」

九州・沖縄
この逸品
WORD /
おでん
この料理を食べる為に訪れたい
ゆいレール
安里駅
居酒屋探訪で地域を知る
探訪で地域を知る
沖縄おでん

著者撮影
沖縄都市モノレールゆいレール安里駅徒歩5分ほどの場所にある、平日でも開店前から行列ができる、知る人ぞ知るおでんのお店「おでん東大」。

本文を読む

創業65年目を迎える老舗おでんの店


著者撮影
薄暗いスナック街の一角にあるお店だが夜の21時半と遅めの開店にも関わらず、オープンと同時にあっという間に満席になる人気店である。店内は、店構えからは想像できないほど明るく、どこか懐かしい食堂風。メニューの数が豊富なのと、この寛げる空間がついつい長居したくなる。

沖縄ならではのおでん種の競演


著者撮影
長年つゆを継ぎ足し作られているおでんは、鰹節、昆布と塩のみで、仕込みに10時間ほどかけてゆっくりと仕上げられている。

沖縄おでんは、季節の野菜を上に乗せるのが定番で、おでん東大のおでん種は一般的な大根、ちくわ、たまご、厚揚げに、沖縄ならではの「てびち」と「葉野菜」が入る。とろとろに煮込まれたてびちや出汁をギュッと濃縮した大根を味わうのが醍醐味だ。あっさりとしていながらも深みのある出汁は美味。

独自の食文化が根付いている沖縄。おでんにも沖縄らしさがある。

※以下のお店情報は記事投稿日時点のものです。訪れる際には予め営業日時をお店にご確認ください。

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。