この料理を食べる為に訪れたい Vol.224

創業当時より変わらぬ味でマーボーライスの元祖!桐生・龍苑の「龍苑丼」

関東・甲信
この逸品
WORD /
JR東日本両毛線
この料理を食べる為に訪れたい
ご当地グルメ
中国料理
探訪で地域を知る
桐生駅

著者撮影
JR東日本両毛線の桐生駅から徒歩4分。群馬県の桐生市役所のすぐ近くにある中華食堂「龍苑」。世代を越えて想い出の味としても親しまれている「龍苑丼」が名物のお店だ。

本文を読む

昭和43年創業の中華食堂


著者撮影
歴史的遺産とよぶべき“桐生に知らぬ人はいない”と言わしめた町中華の名店「龍苑」。

昭和の雰囲気が色濃く残る店内には、飛行機のプロペラ部分が飾られており、カウンターとテーブル席がある。

メニューは、龍苑丼とチャプスイの二大名物料理に、麺類や餃子などの単品料理が並ぶ。

創業から変わらぬ味「龍苑丼」


著者撮影
店名を冠した看板メニューの龍苑丼は、マーボーライスの元祖といわれる料理だ。

自家製の豆板醤、生姜、ニンニクにスープの旨味が効いた麻婆豆腐が炊きたてのご飯にたっぷりかかっている。

まろやかな口当たり麻婆豆腐は、食べ進むほどにピリッとした辛味が口の中に徐々に広がる。豚こま肉を細かく切った脂身はほどよく、かみ締めるほど気持ち良い凛とした豆腐、シャキッとした食感が残ったニラとの抑揚が楽しい。

一心不乱にかき込みたくなる何とも言えない癖になる味わいの逸品である。

※以下のお店情報は記事投稿日時点のものです。訪れる際には予め営業日時をお店にご確認ください。

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。