この料理を食べる為に訪れたい Vol.189

客の胃袋をつかんで離さない!小籠包のようにジューシーな新潟・栄華楼の「餃子」

北陸
この逸品
WORD /
JR東日本越後線
この料理を食べる為に訪れたい
中国料理
探訪で地域を知る
新潟駅
餃子

著者撮影
JR東日本越後線の 新潟駅から徒歩20分ほど。沼垂地区の一角にある中華料理店「栄華楼」。注文の約9割が餃子という、餃子が名物のお店だ。

本文を読む

約50年の歴史を持つ中華料理屋


著者撮影
創業から50年以上も地元民に愛される中華料理屋「栄華楼」。

店内は、懐かしい昔ながらの中華料理屋の雰囲気で、席はカウンターとテーブル席合わせて20席ほど。

メニューは、ラーメン、ラーメン、ワンタンメン、マーボーメンなどの中華系の麺類にチャーハンや中華丼などのご飯類、名物の餃子が並ぶ。餃子は5本400円と6本480円と2種用意されている。

客の胃袋をつかんで離さない「餃子」


著者撮影
大きさ、形、焼き目が均一で綺麗な餃子は、モチモチした食感の厚みのある皮が特徴。

餡は豚肉の旨味とキャベツの甘味が絶妙。ニクニクの香りが全体を上手くまとめており、食材の味を最大限に引き出している印象だ。噛み締めればほどけるように柔らかく滑らか餡と、野菜と豚肉のを凝縮した熱々の汁がドッと溢れ出てくる。

また、鶏ガラなどでダシを取ったラーメンスープに、しょうゆや酢、一味トウガラシを加えた自家製ダレがこの餃子を昇華させているのも見逃せない。

味、値段、量の三拍子揃った理想的な餃子である。

※以下のお店情報は記事投稿日時点のものです。訪れる際には予め営業日時をお店にご確認ください。

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。