この料理を食べる為に訪れたい Vol.276

珠玉のねじれ麺とイリコの効いた出汁の調和!黒川・山内うどん店の「ひやひや」

四国
この逸品
WORD /
JR四国土讃線
この料理を食べる為に訪れたい
ご当地グルメ
そば・うどん
探訪で地域を知る
香川うどん
香川グルメ
黒川駅

著者撮影
JR四国土讃線の黒川駅から徒歩20分ほど。まんのう町の山間に位置するのどかな田舎の風景が広がる場所にあるうどん屋「山内うどん店」。薪で沸かした釜で茹で上げるうどんが味わえるお店だ。

本文を読む

1984年創業のうどん屋


著者撮影
宮武ファミリー3店舗の中で唯一現在も営業している知る人ぞ知るうどん屋「山内うどん店」。

店内は、無駄な装飾がない歴史が感じられるような内装で、席はデーブル席と座敷を合わせて50席ほど。

メニューは、かけうどん、湯だめうどん、しょうゆうどんの3種類。かけうどんは宮武ファミリーの代名詞の「あつあつ、ひやあつ、ひやひや」から選ぶことができる。

王道の讃岐スタイルの「ひやひや」


著者撮影
ひやひやは、茹でたての麺をおいしい水で締め冷たい出汁を合わせたうどんだ。

出汁は、いりこや鰹節、昆布をベースにした黄金色の出汁。冷やしていることでイリコの風味と旨みが際立ちながらも昆布の旨みが絶妙にサポートしている。


著者撮影
手打ち独特のねじれとくぼみが特徴の麺は、四角くコシがつよいもちもちとした弾力の太い豪麺。薪釜ならではの強い火力で湯がくことで麺の芯から茹で上がり、独特の強いコシが生まれている印象。

口の中で麺の一本一本が存在を主張するかのような抜群の噛み応えで出汁とよく絡む。

エッジが効いた麺と出汁の豊かな香りを存分に楽しむことができる一杯である。

※以下のお店情報は記事投稿日時点のものです。訪れる際には予め営業日時をお店にご確認ください。

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。