この料理を食べる為に訪れたい Vol.206

辛さとスパイスの風味が楽しめるカレー!高知・シットロトの「阿波尾鶏の辛口カリー」

四国
この逸品
WORD /
カレー
この料理を食べる為に訪れたい
土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線
奈半利駅
探訪で地域を知る

著者撮影
土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線の奈半利駅から車で24分ほど。室戸の海岸沿いを走る国道55号線に店を構える「シットロト」。化学調味料を使わない本仕込みのカレーが名物のお店だ。

本文を読む

2001年創業!旬摘み紅茶と本仕込みカレーの店


著者撮影
本仕込みカレーと旬摘み紅茶が人気のカフェ。厳選した豊富な種類の紅茶は最も美味しい淹れ方で提供され、高知で唯一、日本紅茶協会からの認定も受けている。

店名の「シットロト」は、室戸伝統の祭り「シットロト踊り」から名づけられており、オーナーの地元への愛情が伺える。店内には心地の良いJAZZが流れ、窓側の席からは太平洋を眺めながら食事を楽しむことができる。

メニューは、阿波尾鳥の辛口カリー、室戸ジオカリー、タイ式ココナツミルクカリーなどの魅力的なカレーに、室戸海洋深層水と国産小麦粉で作った自家製パンなどが揃う。

低カロリーで辛口の大人向け「阿波尾鶏の辛口カリー」


著者撮影
阿波尾鶏の辛口カリーは、コラーゲンとカプサイシンがたっぷり詰まった複雑で食欲をそそり、食べる程に多彩なスパイスが口の中で花開くカレーだ。

そしてそれぞれのカリーに合わせて配合したスパイスを加え、仕込みに5時間ほどかけるカレーは、手作り感溢れ黄色いターメリックライスが添えられている。化学調味料やスープの素などは一切使わず地元産野菜や国産の肉を使うなどのこだわり。

阿波尾鶏手羽もとは食べごたえ抜群。じっくり煮込まれた手羽元は身離れ良く、スプーンでほぐれるほど身は軟らかく、ルーと絶妙に絡み合う。

手間を掛けた時間の永さを感じる大人向けのカレーである。

※以下のお店情報は記事投稿日時点のものです。訪れる際には予め営業日時をお店にご確認ください。

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。