この料理を食べる為に訪れたい Vol.262

味わえるのは夜のみ!白銀高輪・中華料理 大宝の「焼飯」

東京
この逸品
WORD /
この料理を食べる為に訪れたい
中国料理
東京メトロ南北線
炒飯
白金高輪駅

著者撮影
東京メトロ南北線の白金高輪駅から徒歩8分ほど。古川橋の直ぐたもとに佇む昔ながらの中華料理店「中華料理 大宝」。武骨な味わいの傑作焼飯が名物のお店だ。

本文を読む

昭和33年創業の中華料理店


著者撮影
昭和33年創業の東京を代表する町中華の名店「中華料理 大宝」。カウンターに座れば店主の丁寧な作業を見ることができ、期待通りの逸品を味わう事ができる。

店内は、昭和の町中華の雰囲気が漂い、席はカウンター10席に4人掛けテーブル席が2卓ほど。

メニューは、ラーメンやタンメンなどの麺類、焼飯や中華丼などの御飯類、餃子や野菜炒めなどの一品料理が揃う。

高級ラードがアクセントになった「焼飯」


著者撮影
焼飯は夜限定の逸品。皿に盛られた焼飯からはラードとご飯の香りがする食欲をそそる湯気が立つ。

味の骨格は、ご飯にしっかり吸わせたラードの甘味。卵、チャーシュー、蟹肉などの旨味を重ね、ご飯の一粒一粒に味を封じ込めて胡麻油でコーティングしている。

けしてパラパラ系ではないが、口当たりはふっくらしっとりして、食後の余韻は長くて優しい。また、焼飯に入っているのは珍しい筍が、良いアクセントに。

一気にかき込みたくなる唯一無二の焼飯である。

※以下のお店情報は記事投稿日時点のものです。訪れる際には予め営業日時をお店にご確認ください。

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。