この料理を食べる為に訪れたい Vol.159

これぞ鹿沼市民のソウルフード!栃木県鹿沼市・安喜亭 本店の「豚そば」

関東・甲信
この逸品
WORD /
この料理を食べる為に訪れたい
ラーメン
探訪で地域を知る
新鹿沼駅
東武日光線

著者撮影
東武日光線の新鹿沼駅から徒歩10分ほど。国道293号沿いの町の中心に店を構えるラーメン屋「安喜亭 本店」。開店当初からの看板メニュー「豚そば」が名物のお店だ。

本文を読む

大正14年創業のラーメン屋


著者撮影
大正14年創業のこちらのお店は、今も変わらぬ味を守り続ける80年以上の永きに渡り鹿沼市民の胃袋を満たしてきたラーメン屋だ。

店内は、和を基調にしたモダンな内装で、席はテーブル6卓とカウンターで30席ほど。

メニューは、看板メニューの豚そばの他、ラーメン、チャーシューメン、五目そばの麺類、1つ1つ丹念に作り上げる大粒シューマイなど、長年変わらないメニュー並ぶ。

来店客の多くが注文する「豚そば」


著者撮影
創業当初から以来およそ80年間、 基本を守りつつも少しずつ変えながら触自の味わいを創り出してきた豚そばは、横浜中華街発祥とされるサンマーメンが原形となっている餡かけラーメンだ。

最大の特徴は豚バラ肉とネギ、玉ねぎなど野菜たっぷりの餡である。野菜と同じ形に細長く切った豚バラ肉が、とろみをともなったシンブルな味わいにインバグトを加えている。

スープは、昨今の旨味過剰スープと異なるシンプなル醤油味のスープで、魚介系のダシの旨味が優しく感じられる味わい。麺は、素麺のような麺極細ストレートの自家製麺。この細麺は鹿沼のラーメンのスタンダードを築いたと言われている麺だ。

餡とスープが運然一体となり極細ストレート麺と絡んで箸が止まらなくなる、懐かしさを感じるラーメンである。

※お店の情報は記事投稿日時点のものです。訪れる際には予め営業日時をお店にご確認ください。

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。