この料理を食べる為に訪れたい Vol.31

黒酢餡が至高のマリアージュを奏でる! エンジンの「黒酢の酢豚」

東京
この逸品
WORD /
この料理を食べる為に訪れたい
中国料理
東京メトロ東西線
神楽坂駅
酢豚

著者撮影
東京メトロ東西線神楽坂駅徒歩5分ほどの閑静な路地裏にある、創作中華料理のお店「エンジン」。化学調味料を一切使わないやさしい味付けの料理が人気でリピーターも多い。

本文を読む

和のテイストを取り入れた中華料理店


著者撮影
こちらは、赤坂にある中華の名店「うずまき本館」の総料理長を務めたシェフがオープンしたお店。カジュアルな木製の椅子やテーブル、温かみを帯びた質感の壁など、お洒落なダイニングを想起させるデザイン。

そんなシェフの食材へのこだわりは、肉、魚、野菜のひとつひとつに及び、ボードにはその日に入荷した和の食材を使った魅力あるメニューがたくさん書かれている。

スペシャリテ「黒酢の酢豚」の魅力


著者撮影
お店のスペシャリテといわれる「黒酢の酢豚」。黒酢餡の照りが食欲を誘う…。カラッと揚がった豚肉の表面はカリカリとした食感で、中はジュワっと柔らかい仕上がり。噛み締めればとろける柔らかさとなり旨みも感じることができる。

まろやかな酸味と甘さの中にコクを感じるソースとともに、素晴らしいマリアージュを奏でる。黒酢餡は甘みが強く酸味はまろやかで、アクセントに大浦牛蒡を合わせてくるのが心憎い。

豚肉のジューシーさに負けない濃厚黒酢餡の優しい酸味が口の中に広がる逸品である。

※以下のお店情報は記事投稿日時点のものです。訪れる際には予め営業日時をお店にご確認ください。

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。