だだちゃ豆スイーツから、新鮮な魚介類まで

庄内グルメを持ち帰るならココ! 庄内観光物産館 ふるさと本舗

東北
店舗情報
WORD /
JR羽越本線
お土産
ご当地グルメ
スイーツ
ワイン
庄内
庄内お土産
探訪で地域を知る
日本酒
魚介料理
鶴岡市
鶴岡駅

おいしんぐ!編集部

庄内グルメ旅の途中でぜひ立ち寄りたいのが、山形の特産品や名産品をそろえる物産館『庄内観光物産館 ふるさと本舗』。広い敷地内に、お土産ショップから鮮魚センター、フードコートや食堂などを擁しており、お土産を探したりドライブの途中で休憩に立ち寄るのにもぴったりのスポットだ。

レンタカーで訪れるなら、山形道・鶴岡インターを降りて信号を左折すると見えてくる「火の見やぐら」が目印。450台収容可能な無料駐車場もある。

本文を読む

おいしんぐ!編集部

車を止めたら、まずは物産館正面玄関にあるファーストフードが気軽に食べられる「味街道」に立ち寄って、だだちゃ豆ジェラートを是非。豆の味をしっかり残しながも、爽やかなのどごしがたまらない。


おいしんぐ!編集部

おいしんぐ!編集部

おいしんぐ!編集部

小腹が空いているなら、玄関前にある小さな店舗「来ばえちゃ」へ。ここでは東北銘菓ゆべしをはじめ、だだちゃ豆だんごがいただける。こちらのだんごは、だだちゃ豆ひと粒ひと粒の歯ごたえと甘みをしっかりと感じられ、食べ応えある一品。他ではなかなか食べられないので、ぜひ味わっておきたい。

 

メインフロア「銘品館」で旬なお土産を探そう

おいしんぐ!編集部

正面玄関から中に入ると、メインフロア「銘品館」。旬の果物や野菜、米や日本酒、ジャムや調味料など庄内の名産品がずらりとそろっている。中でもとくに大きな面積を占めているのが、だだちゃ豆を使ったお菓子のコーナー。

おいしんぐ!編集部


おいしんぐ!編集部

おいしんぐ!編集部

饅頭やもちからケーキ、クッキー、せんべい、ポテトチップスまでさまざまな種類があり、見ているだけでも楽しいので、試食をしながらお気に入りを選びたい。

おいしんぐ!編集部


おいしんぐ!編集部

おいしんぐ!編集部

またお酒好きの方は、日本酒やワインのコーナーもお見逃しなく。地元でも愛される月山ワイン、高畠ワインなども各種そろっている。

 

「おさかな市場」から庄内浜で採れた魚を送ることも

おいしんぐ!編集部


おいしんぐ!編集部

おいしんぐ!編集部

ひととおりぐるりと見て回ったら、続いて隣りの「おさかな市場」を覗いてみよう。県内有数の鮮魚センターでもある「おさかな市場」では、日本海・庄内浜の新鮮な魚介類が手頃な価格で並んでいる。夏の時期は庄内浜名物の、おおぶりな岩牡蠣をその場で食べることも! また、鮮魚だけでなく、魚を使ったお惣菜なども地元の人たちから人気なのだとか。

おいしんぐ!編集部

 

まだまだ楽しめる『庄内観光物産館 ふるさと本舗』

おいしんぐ!編集部


おいしんぐ!編集部

おいしんぐ!編集部

敷地内に独立して建っている店舗が、金華豚で有名な庄内の畜産会社「平田牧場」。店内で揚げたとんかつやコロッケをはじめ、お土産にしたいハムやソーセージなども種類豊富にそろう(営業時間10:00~18:00)。

館内はFree Wi-Fiも完備され、購入したお土産を全国に発送できるカウンターもあるので大いに活用したい。

※お店の情報は記事投稿日時点のものです。訪れる際には予め営業日時をお店にご確認ください。

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。