タベアルキスト10選

タベアルキストが選ぶ!東京のハンバーガー10選

東京
タベアルキスト10選
WORD /
この料理を食べる為に訪れたい
ハンバーガー
東京ハンバーガー

著者撮影

進化するグルメバーガー

ハンバーガーは焼いたパティを専用のバンズで挟んだサンドイッチの一種で、アメリカがルーツと言われてる。味にバリエーションを出すため、牛・豚肉ハンバーグ以外の食材が挟み込まれる場合もあるそうだ。世界的にもっともポピュラーなものは揚げた白身魚を挟んだフィッシュバーガー。イスラム圏やヒンズー圏などの食肉制限がある地域ではラム肉などのバーガーが提供されているそう。

1971年に銀座に1号店ができてから、今では3000を超える店舗があるマクドナルド。日本においてハンバーガーというジャンルを浸透させたのは間違いありません。しかし、ここ数年でそれらと一線を画した1000円オーバーのグルメバーガーも増え続けている。日本初と言われる、1985年オープンの広尾の『ホームワークス』を草分けに、今では多くのグルメバーガーの専門店が都内にできている。手軽なファストフードハンバーガーもいいが、素材や調理法に拘ったグルメバーガーは可能性が無限大といえよう。

本文を読む

タベアルキストが選ぶ東京のハンバーガー10選の選定は、タベアルキストのハンバーガーマニアが中心となり、「実際にリピートしている」・「人に教えたくなる」の2つの視点で東京のハンバーガーを厳選。今食べるべき東京のハンバーガー10選はこちらになります。
 

アイコウシャ

基本スペックの高さがあってこそのハンバーガー


ブルーチーズバーガー:1,620円(税込) 著者撮影
個性的な脇役たちが薫りと無類のアクセントを添えるハンバーガー。パティは繋ぎなしの100%ビーフ。単独で頬張るとギュギュッとかなりの高密度で、非常に肉肉しい。正統派でありながらも丁寧な仕事ぶりが光る。

アイコウシャ

 

ヘンリーズ バーガー 代官山

安心・安定のクオリティのハンバーガー


ハンバーガー・ダブル:1,480円(税込) 著者撮影
ダブルで食べたくなるハンバーガー。パティは黒毛和牛100%でかなりの粗挽き。肉肉しい和牛の食感には抑揚があり、単調さは感じられない。脂は必要最低限な故、肉自体の凝縮された旨味・存在感がより際立ってくるような印象。

ヘンリーズ バーガー 代官山

 

パティのアイデンティティがより際立つハンバーガー


チェダーチーズバーガー:1,100円(税込) 著者撮影
パティのアイデンティティがより際立つハンバーガー。パティは罪深きミディアムレア。抑揚ある噛み心地に最後まで飽きることはない。パティより上にあるレタスがシャキシャキとしたみずみずしい食感と共に、バンズを押し上げる。

No.18ダイニングバー

 

マンチズ バーガー シャック

こだわりが詰まりまくりな秀逸ハンバーガー


自家製ベーコンチーズバーガー:1,500円(税込) 著者撮影
強さと優しさを兼ね備えたハンバーガー。パティはアンガスUSビーフ100%で、3つの部位をオリジナルの配合でブレンド。作るのに5日間かけるというスモークベーコンがなんとも言えない深みを演出している。

マンチズ バーガー シャック

 

Jack37Burger

サンバルソースの爽やかな辛味が印象的なハンバーガー


バリネスチェダーチーズバーガー:1,150円(税込) 著者撮影
ずっしりとした重量感が堪らないハンバーガー。パティはステーキ調。ミンチでは無く包丁でチョップする超粗挽き仕様に。肉の旨味と弾力がダイレクトに跳ね返ってくる。天然酵母バンズは香ばしくそして優しく全体を包む。

Jack37Burger

 

ホーミーズ

パティのクオリティの高さが際立つハンバーガー


チーズバーガー(バンズ:ライ麦パン):1,300円(税込) 著者撮影
漆黒のライ麦バンズが美しいハンバーガー。特筆すべきは、なんと言ってもパティ。確認したところ、やはり和牛100%。超粗挽きなそれの、肉肉しい抑揚。しっかりとした弾力からは力強さのようなものが感じられる。

ホーミーズ

 

サントゥーダイナー

炭火焼きのパティを携えたハンバーガー


チーズバーガー(スモークゴーダ):1,300円(税込) 著者撮影
炭火焼きのパティが特徴的なハンバーガー。パティはナイフチョップでステーキ調に。そのボディは弾力に富み、抑揚ある食感に、終始飽きることはなく胡椒がその旨味を引き立てている。

サントゥーダイナー

 

CHATTY CHATTY

食材同士が織り成す良質な食感が楽しいハンバーガー


ベーコンチーズバーガー:1,280円(税込) 著者撮影
トータルのハイスペックが纏まったハンバーガー。パティ。オージービーフ100%で、つなぎ無し。超極荒挽き”を謳う逸品は、食感の抑揚が終始楽しい。白肌のバンズは都内某パン屋さんのオーダーメイドでふっくらと、そして、もっちりと。

CHATTY CHATTY

 

THE BURGER CRAFT

チーズ&バンズと共に生み出すハンバーガー


コルビージャックチーズバーガー:1,250円(税込) 著者撮影
ハンドチョップの肉肉しいパティを軸に、チーズの良さを存分に活かしている印象なハンバーガー。表面がカリッと焼き上がったバンズもナイスなパフォーマンスで、とても満足度の高い逸品に仕上がっており、今後が益々期待できるニューフェイス。

THE BURGER CRAFT

 

BASHI BURGER CHANCE 池袋店

特製バンズが際立つ唯一無二のハンバーガー


ベーコンエッグチーズバーガー:1,380円(税込) 著者撮影
「浅野屋」の特製バンズが秀逸なハンバーガー。大きめカットのオニオンや、厚めのレタスの新鮮な食感が来た後に、グググッと和牛攻め。常陸牛などの国産A3-A5牛100%は、肉肉しさを感じるのに十分。

BASHI BURGER CHANCE 池袋店

 
※以下のお店情報は記事投稿日時点のものです。訪れる際には予め営業日時をお店にご確認ください。
 

 

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。