タベアルキスト10選

タベアルキストが選ぶ!東京の焼きそば10選

東京
タベアルキスト10選
WORD /
この料理を食べる為に訪れたい
東京焼きそば
焼きそば

著者撮影

「焼きそば」は地域色豊かな麺料理

焼きそばは、中華麺を具とソースの味で食べる麺料理。主食としてはもちろん、おやつに、酒のつまみに、ご飯のおかずに、パンの具材にと焼きそばは食事の中で大活躍している。

焼きそばは、第2次世界大戦後の食糧難の時に、小麦粉をいかに美味しく食べるかを工夫する中で生まれ、各地に広まったといわれている。40年以上続くソース焼きそばの人気店の中には、麺とキャベツとソースだけで店の個性を出している店も多い。中華麺を長時間蒸してコシを出したり、一度蒸した麺を洗ってもう一度蒸して特徴を出したり、ウスターソースをブレンドして味を引き立てていたり、肉の代用を工夫したりと、目立たない存在でありながらラーメンに負けず劣らず、焼きそばも進化してきた。

昨今、ラーメン同様に全国各地で根付きご当地焼きそばとして盛り上がりをみせている。街おこしで焼きそばの街をうたっている「静岡県富士宮市」は有名。富士宮市の成功を受け、秋田県横手市や群馬県太田市など各地で焼きそばを通しての地域PR活動が盛んになっている。

そんな焼きそばの名店を、「東京の焼きそば10選」としてタベアルキストが厳選しご紹介します。

本文を読む

タベアルキストが選ぶ東京の焼きそば10選の選定は、全国の麺料理を食べ歩いているタベアルキストが中心となり、「実際にリピートしている」・「人に教えたくなる」の2つの視点で東京の焼きそばを厳選。今食べるべき東京の焼きそば10選はこちらになります。
 

中国酒家 大三元

パリパリと柔らかさを交互に楽しめる焼きそば


和牛バラ肉やきそば:1,800円(税込) 著者撮影
和牛バラ肉焼きそばは、カリッと香ばしく焼き上げた麺とオイスターソースでコクを出したあんとの相性が抜群の逸品。ところどころ焦げ目がついた麺は、とろみソースに絡めるとパリパリとした食感と柔らかい食感とが交互に楽しめる。八角が香る霜降り牛バラ肉は、噛まずとも肉の繊維にそって崩れるほどトロトロ。たっぷりのった白髪ネギのアクセントも◎。

中国酒家 大三元

 

お好み焼 きじ 丸の内店

シャキシャキのもやしと麺の組み合わせが素晴らしい焼きそば


もやしそば:880円(税込) 著者撮影
もやしそばという名の特製焼きそばは、とにかくシャキシャキのもやしが心地良い。麺一本一本がソースの香ばしさでコーティングされることで、麺に独自のコシが生まれ最後まで楽しむことができる。野菜のシャキシャキ感とソースバランスが良く最後まで飽きのこない逸品だ。

お好み焼 きじ 丸の内店

 

チェローナ

オリジナル麺の美味しさを実感できる焼きそば


高級無添加ソース焼きそば九条ネギトッピング:1200円(税込) 著者撮影
鉄板でパリッと焼かれた麺は溢れる香ばしさが病み付きになる、見た目も美しい焼きそば。麺は、北海道小麦をブレンドしたオリジナル小麦粉を使用した生麺。冷水で〆てから鉄板で焼かれるので、ツルツルともちもち食感を持ち合わせながら喉越し良さを感じることができる。濃厚な特製ソースとダシを利かせた醤油ソースを配合完全無添加のソースは、品のある甘さがある。麺とも相性抜群で後口はスッキリ。

チェローナ

  

みかさ

独自の食感と力強いコシのある麺がインパクト大


焼きそば:700円(税込) 著者撮影
こちらの焼きそばは、イカエビ入りとノーマルを選択することができ、味付けは塩とソース、サイズは小・並・大を選ぶことができる。特徴はなんといっても自家製の中太のちぢれ麺。北海道産小麦粉100%使用し店内で製麺される。すぐに使わず2日間じっくり寝かしているという拘り。もっちりとした独自の食感と力強いコシのある麺は、噛みると小麦の甘みをしっとりと感じことができる。麺好きを虜にさせるインパクトだ。

みかさ

  

あぺたいと 本店高島平店

パリッと焼かれた麺の香ばしさが存分に楽しめる


焼きそば(中):880円(税込) 著者撮影
両面焼きそばの麺は、強力粉に全粒粉をブレンドしたコシのある自家製麺。茹でてから円板状に広げ、きつね色になるまで両面をしっかり焼き付けている。パリッと焼かれた麺から溢れる香ばしさは、病み付きになること間違いなし。食べ進めればソースのコクと野菜、豚肉の旨味が口の中に広がる。また、ウスターソースに醤油や砂糖など10種類以上の調味料をブレンドした秘伝のソースが食欲をそそる。

あぺたいと 本店高島平店

 

焼きそば専門店 りょう

凝縮された濃厚な甘めのソースが食欲をそそる


豚焼きそば+半熟目玉焼き:800円(税込) 著者撮影
こちらの焼きそばは、濃厚ソースと極太麺のバランスが絶妙で、豚肉、キャベツ、もやしと王道の具材に輪切りの九条葱が脇を固める。ギュギュッと凝縮された濃厚で甘めのソースに支えられるよう、麺はしっかり味が絡む全粒粉を使った特注麺をセレクト。もっちりした噛み応えで食べ応えも十分。濃厚ソースとトッピングした半熟目玉焼きの黄身のコクの絶妙なマッチングは病み付きになる。

焼きそば専門店 りょう

 

新北海園

特製しょうゆの上品な味付けが印象的


特製しょうゆ焼きそば:1,150円(税込) 著者撮影
一見ごく普通の香港焼きそばのビジュアルだが、あくまでも麺が主体のシンプルな焼きそばだ。具材は、ニラともやしといった至ってシンプルな構成で、特製しょうゆの芳醇な香りと計算された上品な味付け。丁寧に細切りされ絶妙な火の通し加減で歯触りを残した具と、細めの蒸し麺を一体にして口に運べば、この焼きそばの奥深い旨さが理解できる。

新北海園

 

龍山

麻婆豆腐の辛さが病みつきになる焼きそば


麻婆焼きそば:850円(税込) 著者撮影
麻婆豆腐焼きそばは、辛みが後からくる、病みつきになる逸品だ。麺の上にたっぷりかけられた麻婆豆腐は、大振りに切られた豆腐に粗めの挽き肉がアクセントになった程よい辛さが後を引く本格派。麺はもっちりとした中太麺で、麻婆豆腐と絡みやすいよう両目焼きに仕上げられている。もっちりした部分とカリカリに焼かれたコントラストが、最後まで飽きさせない。

龍山

 

かもし処 ひょん

もちもちのコシとツルんとした麺の食感が心地良い


なみえ焼きそば:700円(税込) 著者撮影
まるでうどんのような極太中華麺が特徴のなみえ焼きそば。中華鍋で極太中華麺を豚肉、モヤシとラードで炒め、とんかつソースのように超濃厚なソースで味付けされている。もちもちのコシとツルんとした食感は焼きそばとしては唯一無二の味わい。

かもし処 ひょん

 

四川・東家

長年変わらぬ素朴な味わいのやきそば


ソースやきそば:700円(税込) 著者撮影
65年愛される薬師名物のソース焼きそば。特製ソースと昔ながらの蒸し麺の組み合わせは懐かしい味わい。具はシンプルに豚肉とキャベツ。トッピングの千切りナルトをがアクセントになっている。麺は空気を含んでふんわりと炒められ、シャキシャキとした歯応えを残したキャベツとの対比が焼きそばを楽しませてくれる。

四川・東家

※以下のお店情報は記事投稿日時点のものです。訪れる際には予め営業日時をお店にご確認ください。
 

 

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。