この料理を食べる為に訪れたい Vol.238

銘酒とともに味わう若鶏の半身揚げ!新潟・さい三郎の「コショウ揚げ」

北陸
この逸品
WORD /
JR東日本越後線
この料理を食べる為に訪れたい
ご当地グルメ
半身揚げ
和食
唐揚げ
居酒屋探訪で地域を知る
探訪で地域を知る
新潟グルメ
肉料理

著者撮影

居酒屋やバーが立ち並ぶ繁華街を通り抜け、古町エリアのはずれまで歩く。街灯の少ない通りでは、「さい三郎」の赤い看板がよく目立つ。こちらのお店では、新潟の銘酒とともに若鶏の半身をパリッと揚げた「コショウ揚げ」が楽しめる。

本文を読む

昭和55年創業の老舗居酒屋

著者撮影

「さい三郎」の創業は昭和55年。古町の地で、長年常連客から愛されてきた。1階にはテーブルが3卓と、カウンターが7席。2階には24席用意されており、団体での飲み会にも対応可能だ。

著者撮影

暖簾をくぐるとまず、白板に書かれたメニューの多さに驚かされる。魚介を使ったつまみが多いのは、日本海に面する新潟ならでは。刺し身をおまかせで注文することもできる。

日本酒は、麒麟山や村祐など、新潟の地酒を中心に揃えている。ラインナップが豊富なので、あれもこれもと飲んでいるうちにへべれけになってしまいそうだ。酒呑みと聖地といっても過言ではない。

 

日本酒との相性はばっちり「コショウ揚げ」

著者撮影

新潟名物「若鶏の半身揚げ」といえば、カレー味がポピュラーだろう。ところが、女将さん曰く、「胡椒もじわじわと来る辛さが美味しい」とのこと。

カラリと揚がった若鶏にかぶりつくと、皮がパリッと小気味よい音を立てて割れる。鶏肉はしっとりとやわらかい。量が多そうにも見えるが、軽やかな食べ心地で次々に手が伸びる。

著者撮影

塩胡椒がしっかり効いているので、日本酒がぐいぐい進んでしまう。新鮮な魚介も合わせてつまみながら、更けていく新潟の夜を楽しみたい。

※以下のお店情報は記事投稿日時点のものです。訪れる際には予め営業日時をお店にご確認ください。

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。