この料理を食べる為に訪れたい Vol.202

浅草の煮込みの元祖ここにあり!浅草・正ちゃんの「牛煮込み」

東京
この逸品
WORD /
この料理を食べる為に訪れたい
つくばエクスプレス
居酒屋探訪で地域を知る
東京酒場
浅草駅
煮込み

著者撮影
つくばエクスプレスの浅草駅から徒歩2分ほど。浅草の観光スポットとしても有名な屋台風飲み屋が軒を連ねる通称「ホッピー通り」に店を構える「正ちゃん」。醤油とザラメで甘く仕上げた牛煮込みが名物のお店だ。

本文を読む

昭和26年創業の戦後屋台の流れをくむ居酒屋


著者撮影
戦後はホッピー通りもなく、同店向かいにあった「ひょうたん池」という人工の池の周りに屋台が集まり、浅草の飲み屋街といえばその屋台村だったという。同店もそのうちの1つで、屋台から店舗になったのは約50年前といわれる。

店内は、こじんまりな店舗ながら下町情緒が溢れ、席はオープンスペースの赤提灯の下で煮えたぎる特注大鍋が、大衆居酒屋の醍醐味を演出している。

メニューは、名物の牛煮込みの他、北海道の漁師料理を受け継ぐ煮物メニューなどが並ぶ。

浅草の煮込みの元祖といわれる「牛煮込み」


著者撮影
名物の牛煮込みは、「浅草の元祖煮込み」ともいわれている東京の正統派牛スジ煮込み。国産牛の牛すじを3時間かけてじっくり下茹でし、その後特注大鍋で醤油やザラメなどの調味料を使い更に2時間煮込み完成させている元祖と呼ぶにふさわしい逸品だ。

具材は、牛すじに、タマネギ、コンニャク、豆腐とシンプル。自然な甘さのスープで煮込まれた牛スジは、柔らかく煮込まれ味がじっくりと染みおり、ゼラチン質が独特の食感を醸し出してくれるのが楽しい。そして浅草の老舗豆腐店『市川食品』の木綿豆腐との合わせが絶妙。

コラーゲンのとけ込んだスープが染み込んだ木綿豆腐が主役の煮込みである。

※以下のお店情報は記事投稿日時点のものです。訪れる際には予め営業日時をお店にご確認ください。

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。