この料理を食べる為に訪れたい Vol.39

クロレラが練りこまれた緑色の麺が特徴!中国菜 膳楽房の「里麺」

東京
この逸品
WORD /
JR総武線
この料理を食べる為に訪れたい
ラーメン
中国料理
東京中国料理
飯田橋駅

著者撮影
JR総武線飯田橋駅から徒歩8分ほどの裏通りにある、木造一軒家を改装した創作中華レストラン「中国菜 膳楽房」。優しい味付けのため食べ疲れせず、それでいて旨味の余韻を楽しめる料理がこちらの真骨頂。

本文を読む

野菜を中心とした創作中華レストラン


著者撮影

店内は、清潔感のある白を基調とした上品な内装で中華料理の店らしからぬ雰囲気が漂う。

料理は、旬の野菜や珍しい食材を取り入れながら、四川、上海、台湾料理をベースに創造する、新感覚の味わいが楽しめる幅広いラインナップ。調味料からチャーシュー、ベーコンなど可能な限り自家製にこだわっているのもこの店の特徴だ。

舌触りがなめらかなクロレラ麺


著者撮影

「瀧口酒家」の名物を引き継いでいる色鮮やかな里麺は、ザーサイと金華ハムの塩気で食べさせる、まるで点描画のような一皿。清涼感のある特製クロレラが練りこまれた鮮やかな緑色の麺が特徴で、自家製金華ハムに細切りの長ネギとザーサイをゴマ油、醤油、豆板醤を使用した特製のタレで和えている。

ビタミンやミネラルを含んだクロレラに、小麦粉、グルテン、卵白を練り込んだ艶やかな中華麺は冷水でしっかりしめられており、ゴマ油の香りも効いているので満腹でも食べられます。

モダンでありつつ自由な発想の里麺は、旨味を凝縮させていく日本のラーメンの対極にある麺料理を感じさせてくれる逸品である。

※以下のお店情報は記事投稿日時点のものです。訪れる際には予め営業日時をお店にご確認ください。

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。