この料理を食べる為に訪れたい Vol.265

カカオニブとカカオパウダーが絶妙!清澄白河・アーティチョーク チョコレートの「パフェ・ティラミス」

東京
この逸品
WORD /
この料理を食べる為に訪れたい
スイーツ
チョコレート
パフェ
東京メトロ半蔵門線
清澄白河駅

著者撮影
東京メトロ半蔵門線の清澄白河駅から徒歩11分。深川資料館通り沿いの一角に店を構えるクラフトチョコレート専門店「アーティチョーク チョコレート」。カカオの産地別に種類を展開するクラフトチョコレートが楽しめるお店だ。

本文を読む

2015年創業のBean to Barのチョコレート専門店


著者撮影
タブレットやボンボンだけでなくイートインでドリンクやパフェをいただけるチョコレート専門店「アーティチョーク チョコレート」。チョコレートはすべてカカオを豆から焙煎、皮と実を丁寧に分けて砕きペースト状になるまで丸一日かけてすり潰しつくるBean to Bar(ビーントゥバー)となっている。

アートな雰囲気漂う店内は、木目調で統一され一見ギャラリーのような雰囲気。席は、大きなテーブルを囲んで座る形で6席ほど。

メニューは、パフェ・ティラミスと月替わりパフェ2種類に、ホットチョコレート、アイスチヨコレート、カカオエスプレッソなどのドリンクメニューが揃う。

甘みと苦みが絶妙のバランス「パフェ・ティラミス」


著者撮影
パフェ・ティラミスは、チーズのアイスクリームとチョコレートのアイスクリーム、そしてコーヒーゼリーをマリアージュさせ清澄白河をイメージして作られたパフェだ。

パフェは4階層になっている。下からコーヒーゼリー、生クリーム、チョコレート&クリスピー、マスカルポーネチーズアイスクリーム。清澄白河の「チーズのこえ」で取り扱いの北海道産チーズで作っており、”草原の青空” と”高秀牧場”のブルーチーズ加え、少しクセのあるアイスクリームに仕上げられている。

様々な層が織り成す絶妙なハーモニーが楽しめる極上のパフェである。

※以下のお店情報は記事投稿日時点のものです。訪れる際には予め営業日時をお店にご確認ください。

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。