この料理を食べる為に訪れたい Vol.222

三条のソウルフード!シンプルかつ丁寧に作られたカレーラーメン!新潟・大黒亭本店の「カレー中華」

北陸
この逸品
WORD /
JR弥彦線
カレー
ラーメン
北三条駅
探訪で地域を知る
新潟カレー
新潟グルメ
新潟ラーメン

著者撮影

JR弥彦線 北三条駅から歩いて6分ほど。住宅街の中にふいに現れるラーメン店「大黒亭 本店」は、長年地元で愛されてきたラーメンを味わうことができる。中でも、ここ三条のソウルフードであるカレーラーメンは、一度食べておきたい逸品だ。

本文を読む

昭和8年創業のラーメン店

著者撮影

大黒亭の創業は1933年。現在はこちらの本店の他に、松屋小路店、居島店がある。

店内には、テーブルが4卓(14席)とカウンターが3席ある。創業からかなりの年月が経っているが、改装されているため綺麗で過ごしやすい。まるで実家に帰ったような温かみさえ感じる。

入店するなりメニューも見ずに注文するお客さんもいて、常連客に愛されているお店であることが窺える。

著者撮影

「大黒亭 本店」のカレーラーメンは、「カレー中華」という名前で提供されている。この他に、中華そばや味噌ラーメン、ワンタンメンなど様々な麺料理がメニューに並ぶ。店のおすすめは、カレー中華、中華そば、やきそばの3品だそう。

料理は、プラス100円で大盛りにすることも可能だ。

 

シンプルだからこそ心に残る「カレー中華」


カレー中華 著者撮影

もくもくと勢いよく湯気が立ちのぼる「カレー中華」には、余計な飾りが一切ない。

スープがよく絡む麺は、自家製。もちもちとした食感とつるっとした喉越しが楽しめ、子供の頃から親しんできたカレーの味にほっとする。

具は玉ねぎと豚肉だけ。驚くほどのシンプルさだ。豚肉にはしっかりと下味がつけられており、噛めば噛むほど旨みが出る。玉ねぎは香ばしくとても甘い。具が丁寧に調理されているため、見た目に反して非常に味わい深いラーメンに仕上がっている。

とろみがあって、いつまでも熱を逃さないスープは、身体を内側から温めてくれる。冬の三条は寒いだろう。この一杯を求めて、地元の人々が集うに違いない。

※以下のお店情報は記事投稿日時点のものです。訪れる際には予め営業日時をお店にご確認ください。

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。