ぶどう狩りやご当地ラーメンにオーセンティックバーまで。

食いしん坊女子必見!2泊3日のおいしい庄内旅

東北
紀行
WORD /
お土産
カフェ
スイーツ
ラーメン
女子旅
庄内
庄内カフェ
庄内バー
庄内ラーメン
庄内和食
酒田市
魚介料理

おいしんぐ!編集部

海や山、そしてどこまでも広がる田園。自然豊かな庄内でのんびり過ごせば、目まぐるしい日常を忘れて、心身ともにリラックスできるはず。

地元で作られた果物や日本酒、ご当地ラーメンなど、庄内の食はバリエーション豊か。「おいしい庄内」を楽しみ尽くす2泊3日の女子旅に出かけてみませんか?

本文を読む

 

[1日目]
13:00 ジェットスターGK777便で庄内空港へ

おいしんぐ!編集部

成田空港から、たったの1時間。庄内は驚くほど近い。窓の向こう、果てしなく続くパッチワークのような田園に、雲が大きな影を落とす。ここから、2泊3日の女子旅が始まる。

 

14:10 レンタカーをピックアップ

庄内をあちこち回るには、レンタカーの利用が便利だ。庄内空港から、シャトルバスでレンタカーターミナルまで移動できる。

 

14:30 『花鳥風月 酒田本店』でご当地ラーメンを堪能

おいしんぐ!編集部

空港から約20分。少し遅めのランチは、酒田の人気ラーメン店『花鳥風月 酒田本店』で。鯛や煮干しなど、魚介の旨みがぎゅっと詰まったスープは、地元の人々に愛される港町の味。口に入れると、皮が「ふわっ」ととろける海老ワンタンは、『花鳥風月 酒田本店』自慢の一品だ。中から現れる、ぷりぷりと弾けんばかりの海老に驚くはず。

おいしんぐ!編集部

 

15:30 『山居倉庫』で酒田の歴史を知る

おいしんぐ!編集部

『山居倉庫』は明治時代に建てられた米の保管倉庫だ。美しいケヤキ並木とともに、人気の観光スポットになっている。敷地内の酒田市観光物産館『酒田夢の倶楽』では、酒田のお土産を購入することができる。酒田の文化や歴史を紹介する展示コーナーもあり、この町を深く知るにはもってこいの場所だ。

おいしんぐ!編集部

 

16:30 『フルーツデリにしむら』でビタミンチャージ

おいしんぐ!編集部

山形に来たら、おいしいフルーツも楽しみたい。『フルーツデリにしむら』では、季節の厳選果物を使った50種類以上のフルーツジュースとスムージーを提供している。注文後に1杯ずつ作るので、まるで果物を丸かじりしているかのようなフレッシュな味わいだ。店内にはイートインスペースがあり、一休みしていくことができる。テイクアウトして、酒田の町を散策するのも楽しい。

 

18:00 地元の熱気に包まれる『久村の酒場』

おいしんぐ!編集部

1日目の夜は、地元の人で賑わう居酒屋へ。『久村酒店』に隣接する『久村の酒場』は、地元の日本酒だけを10種類以上揃えているという。人気メニューの「うどがわらきゅうり漬」は、酒田市の伝統野菜である「鵜渡川原きゅうり」を使ったおつまみだ。えぐみがあるのが特徴で、ピリッと辛い味付けにお酒が進む。常連さんとの話に花が咲き、気づけば夜が深まっている。


おいしんぐ!編集部

おいしんぐ!編集部


おいしんぐ!編集部

おいしんぐ!編集部

 

21:00 また訪れたくなるバー『ESTAR!』

おいしんぐ!編集部

まだ、夜を終わらせてしまいたくない。そんな気分の時は、酒田の町中にひっそりと佇む『ESTAR!』へ。物腰柔らかなマスターが迎えてくれるこのバーでは、和山椒を効かせたスパイスハイボールなど、スパイスを使ったオリジナルカクテルを楽しめる。旬のフルールを使用したカクテルもおすすめだ。非日常的な空間を作りたかったと語るマスター。ここにいると時間を忘れてしまう。


おいしんぐ!編集部

おいしんぐ!編集部


おいしんぐ!編集部

おいしんぐ!編集部

 

[2日目]
8:00 『とびしま』で海を味わう朝ごはん

おいしんぐ!編集部

『さかた海鮮市場』の2階にある『とびしま』では、海の幸を使った朝ごはんが食べられる。窓の外には酒田港が広がり、店内は朝から賑わいを見せている。人気の丼ものは、早めに行かないと売り切れてしまうかも。食後は、市場をぶらぶら見て回るのも楽しい。

 

12:00 スイーツをお腹いっぱい食べるなら『Cafe Afternoon Tea』

おいしんぐ!編集部

酒田市街地から車で20分ほど南下したところに、『Cafe Afternoon Tea』はある。木々に囲まれた店内からは、遠くに川や海が見え、癒されること間違いなしだ。果物がたっぷり乗ったパフェ「フルーツプリンセス」は、驚くほどの大きさ。シェアして食べるのも◎


おいしんぐ!編集部

おいしんぐ!編集部

 

17:00 『日和山公園』で景色を望みながら一休み

おいしんぐ!編集部

一息つきたい時は、酒田駅からほど近い場所にある『日和山公園』がおすすめ。綺麗に整備された公園からは、酒田港や出羽三山を望める。ベンチも多く、過ごしやすいスポットだ。

おいしんぐ!編集部

 

19:00 『川柳』で郷愁を誘うラーメンを

おいしんぐ!編集部

メニューに麺料理がずらりと並ぶ『川柳』では、ワンタンメンを食べておきたい。丼から溢れんばかりのスープをたっぷり吸った肉ワンタンは、口のなかでとろりとほどける。キリッと立った醤油の味が、どこか懐かしい。ビール瓶を傾けながら楽しみたい。

おいしんぐ!編集部

 

[3日目]
10:00 『カラフルぶどう園』で甘いぶどうを食べ比べ

おいしんぐ!編集部

20種前後のぶどうを栽培している『カラフルぶどう園』では、1時間1,000円でぶどう狩りを楽しむことができる。穫れるぶどうは時期によって変わるが、糖度はどれも20度以上。極甘ぶどうの食べ比べは、忘れられない思い出になりそう。

 

11:00 こだわりのおにぎりを味わえる『カラフルぶどう園カフェ』

おいしんぐ!編集部

ぶどう狩りを楽しんだ後は、併設の『カラフルぶどう園カフェ』へ。ここでは、素材にこだわり抜いたランチが提供される。定番の塩おにぎりは、使う塩を自分で選べるのが楽しい。米、野菜、塩、味噌など、素材それぞれの美味しさをじっくり味わえる定食だ。カフェ内には物販コーナーもあり、『カラフルぶどう園』のぶどうの枝から作ったスモークチップはお土産にぴったり。


おいしんぐ!編集部

おいしんぐ!編集部


おいしんぐ!編集部

おいしんぐ!編集部

 

14:50 ジェットスターで成田空港へ

空港でお土産を買い込み、東京へ。わずか1時間ほどの空の旅。

 
たくさんの「おいしい!」に出会える庄内は、実はとっても近い場所でした。この秋、ゆっくり訪れてみませんか?

 

美味しいものがいっぱいの庄内への旅はジェットスターがとっても便利!

東京(成田) = 庄内路線
片道 4,490円(税込)※~
山形初のLCC & ジェットスター初の東北路線
東京(成田)~庄内路線が新規就航!
空港に着いてからすぐおいしい庄内が楽しめます。

※表示運賃は、エコノミークラス「Starter」片道運賃です。支払手数料、空港使用料等が別途必要です。受託手荷物の料金は含まれません。諸条件が適用されます。

※フライト時間・お店の情報は記事投稿日時点のものです。訪れる際には予め最新の情報をご確認ください。

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。