この料理を食べる為に訪れたい Vol.120

たっぷりの海ぶどうと沖縄そばが絶妙!夢の舎の「朝刈り海ぶどうそば ソーキ入り」

九州・沖縄
この逸品
WORD /
この料理を食べる為に訪れたい
そば・うどん
探訪で地域を知る
沖縄グルメ
沖縄そば

著者撮影
那覇空港から車で車で約1時間50分ほど。本部町の山あいにある風情ある古民家を利用した、知る人ぞ知る沖縄そばの店「夢の舎」。ガジュマルの木灰を100%使った手打ち麺が特徴の沖縄そばが名物のお店だ。

本文を読む

山奥に隠れ家的に佇む沖縄そばの店


著者撮影
築70年の古民家を移設した店内は、まるで時間が止まったかのような雰囲気だ。開放的な店内にはやんばるの風が吹き抜け、残したい大自然を眺めながら食事をすることができる。

手間ひまかけて作られる沖縄そばは平日は30食、土曜・日曜・祝日は50食限定。

ガジュマルの木灰を使った手打ちそば


著者撮影
看板メニューの朝刈り海ぶどうそばは、朝刈りされた海ぶどうがたっぷり乗った状態で提供される。海ぶどうは鮮度抜群で、プチプチした食感と磯の香りがたまらない。

スープは、本部町特産のカツオ節をベースに豚骨のほか8種類の野菜をブレンドしたもの。あっさりなしながらも旨味がぎゅっと詰まっている味わいだ。


著者撮影
麺は、自家製手打ちの生麺を使用。ガジュマルの木灰を使って陶芸家のご主人が手打ちしており、注文が入ってから茹で始める。独自の滑らかさと縮れとコシが特徴で、手打ち麺らしい不揃い感がなかなか出合う事のできない不思議な食感を生み出している。

ソーキは、しっかり味がしみていて骨が崩れるほど柔らかく煮込まれている。

ゆるりとした時の流れを楽しみながら食べることができる沖縄そばの最高峰と言える逸品である。

※以下のお店情報は記事投稿日時点のものです。訪れる際には予め営業日時をお店にご確認ください。

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。