この料理を食べる為に訪れたい Vol.249

受け継がれる老舗の味!沖縄・ジャッキーステーキハウスの「テンダーロインステーキ」

九州・沖縄
この逸品
WORD /
この料理を食べる為に訪れたい
ご当地グルメ
ステーキ・ ハンバーグ
ゆいレール
探訪で地域を知る
旭橋駅

著者撮影
ゆいレールの旭橋駅から徒歩10分ほど。サンシャイン通りを一本路地に入った区画にあるステーキハウス「ジャッキーステーキハウス」。沖縄のステーキ文化を知る上で外せないステーキが味わえるお店だ。

本文を読む

1953年創業のステーキハウス


著者撮影
戦後間もないアメリカ統治時代にオープンし、アメリカ兵や地元の方々に愛され続けられている創業60年を越える老舗ステーキハウス「ジャッキーステーキハウス」。

創業当時の面影を残す店内は、古き良き時代のアメリカンダイナーを思わせる無駄を省いたシンプルな内装で、席は4人掛けのボックス席を中心に80席ほど。

メニューは、テンダーロインステーキ、ニューヨークステーキ、ハンバーガーステーキの3種類のステーキに、ステーキサンド、スパゲッティー、タコスなどの様々な洋食メニューが揃う。

吟味されて焼かれる「テンダーロインステーキ」


著者撮影
レア具合の焼き加減で熱々の鉄板に乗せられ供されるテンダーロインステーキは、自分の好みで味付けをして味わうステーキだ。

調味料は、塩や胡椒だけでなく、沖縄ではおなじみ甘酸っぱいNo.1ソース、しょうゆ、ウスターソース、ケチャップ、チリソース、マスタードソースと揃っている。


著者撮影
テンダーロインステーキは、オーストラリア産牛肉のヒレの部分を使用。ナイフでするすると切れる柔らかさで、脂身が少なくさっぱりした味わいが特徴的だ。

外は香ばしく中からは肉汁が溢れ出すジューシーさが魅力のステーキで、噛み締めるほどににじみ出る赤身肉の旨味はソースがいらないと思えるほど。

吟味された肉と経験に裏打ちされた熟成具合のステーキである。

※お店の情報は記事投稿日時点のものです。訪れる際には予め営業日時をお店にご確認ください。

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。