この料理を食べる為に訪れたい Vol.171

酒田で食す江戸前の鮨! 酒田・こい勢の「四季折々の地魚にぎり」

東北
この逸品
WORD /
JR羽越本線
この料理を食べる為に訪れたい
割烹・小料理
庄内
庄内和食
探訪で地域を知る
日本酒
酒田市
酒田駅
魚介料理
鮨・寿司

著者撮影

JR羽越本線の酒田駅から徒歩5分ほど。静かな住宅地に店を構える鮨屋「こい勢」。日本海の旬の地魚を使った鮨を明朗会計で提供しているお店だ。

本文を読む

昭和64年創業の鮨屋

著者撮影

こちらは東京の鮨屋で修行を積んだご主人が、「江戸前寿司と地魚の融合」をコンセプトにこの地に店を構え、多くの鮨好きを魅了してきたお店である。

シャリには酒田産の完全無農薬栽培の庄内米を使用。鮨ダネに合わせてササニシキを使用した白酢のシャリとつや姫を使用した赤酢の2種類を使い分けるというこだわりようだ。

店内は、古めいて歴史を感じる落ち着いた雰囲気。細長いカウンター15席程で、2階には宴会ができるような30席程の座敷がある。

ランチメニューは、お得なランチにぎりや旬のおまかせにぎりが中心だが、カウンターケース並ぶ旬の魚介類を選びお好みでにぎってもらうこともできる。

四季折々の地魚のにぎり

著者撮影

軽く炙って脂を引き出し塩で提供されるノドグロの炙りは、こちらのお店で1番人気の鮨種だ。とろけた脂が香ばしく、口の中はトロトロに。脂の持つ甘みを存分に味わうことができる。

著者撮影

1本釣りのアラは10キロサイズ。8月は庄内浜の底引き網漁は禁漁で魚の種類が少ないが、1本釣りのため大物や上物が多いようだ。一般的には、脂がたっぷり乗る冬に旬を迎えるが、いただいたアラは産卵前でも脂が乗りまったりとした甘みがある。

著者撮影

ガスエビも庄内浜の味。鮮度が少しでも落ちると色がすぐ悪くなるので、産地以外ではあまり見かけないエビである。身はとてもまったり・とろとろとしており上品な甘さがある。また、ねっとりとした舌触りも面白い。

著者撮影

イワシの握りは赤酢シャリで。口に入れた途端に脂が溶けて甘みを感じさせ、さらに脂の下には青魚らしい味わいを感じされる。

まさに、酒田を訪れたら立ち寄りたい鮨屋といえる。

美味しいものがいっぱいの庄内への旅はジェットスターがとっても便利!

東京(成田) = 庄内路線
片道 4,490円(税込)※~
山形初のLCC & ジェットスター初の東北路線
東京(成田)~庄内路線が新規就航!
空港に着いてからすぐおいしい庄内が楽しめます。

※表示運賃は、エコノミークラス「Starter」片道運賃です。支払手数料、空港使用料等が別途必要です。受託手荷物の料金は含まれません。諸条件が適用されます。

※お店の情報は記事投稿日時点のものです。訪れる際には予め営業日時をお店にご確認ください。

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。