この料理を食べる為に訪れたい Vol.240

固定概念を打ち破るモダン焼き!六本木・戸田亘のお好み焼 さんて寛の「きじ流スジモダン焼」

東京
この逸品
WORD /
お好み焼き
この料理を食べる為に訪れたい
六本木一丁目駅
東京メトロ南北線

著者撮影
東京メトロ南北線の六本木一丁目駅から徒歩3分ほど。駅直結のアークヒルズサウスタワーB1Fのアークキッチンにあるお好み焼店「戸田亘のお好み焼 さんて寛」。大阪の人気お好み焼店「きじ」のお好み焼きにオリジナル色を加えたお好み焼きが味わえるお店だ。

本文を読む

2014年創業のお好み焼店


著者撮影
大阪発老舗お好み焼「きじ」丸の内店の店主である戸田亘がプロデュースするお好み焼店だ。店名の「さんて」は「来て」「見て」「食べて」3つの「て」に「寛」は「くつろぐ」という意味を表している。

コテで作られたシャンデリア風の照明が輝く店内は、ゆったり寛げるアットホームな雰囲気で、席はカウンター8席とテーブル34席の42席ほど。

メニューは、豚玉、スジ焼き、ミックス焼きなどのお好み焼きに焼きそばやこだわりの一品料理が並ぶ。

独創性とこだわり抜いた味わいの「きじ流スジモダン焼」


著者撮影
きじ流スジモダン焼は、ふんわり焼き上がった生地に8時間炊かれた牛スジが入り、仕上げに辛口ソースと甘口ソースの2種を重ね関西の青ネギをたっぷりのせて供される。

ソースで覆われた厚みのある生地、ムチムチの焼きそば、味の染みた軟らかな牛スジとシャキシャキのキャベツ、そして鉄板の上で生地と共に香ばしく焼け踊る甘めでまろやかなソース。全ての食材がバランス良く形成され、半熟卵が口の中でフワッと広がる食感は、まさに口福の一言に尽きる。

一般的なモダン焼きともお好み焼きともまったく違う逸品である。

※以下のお店情報は記事投稿日時点のものです。訪れる際には予め営業日時をお店にご確認ください。

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。