この料理を食べる為に訪れたい Vol.149

無農薬の食材にこだわる芸術的なかき氷!仙台・梵くらの「無農薬ラズベリー&無農薬ブルーベリーヨーグルトチーズケーキのかき氷」

東北
この逸品
WORD /
かき氷
この料理を食べる為に訪れたい
スイーツ
仙台市地下鉄南北線
勾当台公園駅

著者撮影
仙台市地下鉄南北線の勾当台公園駅から徒歩8分ほど。野趣を感じる木の看板が目印のビル3階にあり、仙台で唯一のかき氷専門店「梵くら」。オリジナルシロップなどの進化系のかき氷が名物のお店だ。

本文を読む

2012年創業のかき氷専門店


著者撮影
こだわりの自家製シロップのふわふわ食感のかき氷が評判で行列のできるかき氷専門店だ。

定禅寺通りの緑を眺めることができる店内は、木目調で統一されたナチュラルな雰囲気。席はカウンター2席と7人ほどが座れる大きなテーブルが1卓だけとこじんまりとしている。

かき氷の種類は、定番のメニューだけでなく、こだわりの食材や季節の旬のフルーツを使った限定メニューを提供。こちらのお店ではシロップやソース、あんこ、練乳などは、すべて自家製の手作りで合成着色料や添加物を一切使用しないのも魅力。

こだわりの材料で作る芸術的なかき氷


著者撮影
他では味わえない軽さときめ細かさが見た目からも伝わってくるかき氷。氷は日光の湧き水を自然の冷気でゆっくりと凍らせた栃木県日光市「松月氷室」の天然氷を使用。澄み切った氷がサラサラと削られていく様は、まるでふわりと積もる粉雪のようだ。

無農薬ラズベリー&無農薬ブルーベリーヨーグルトチーズケーキのシロップは、甘めのブルーベリーソースに、甘さ控えめのヨーグルトソースが絶妙なバランス。ふわっふわの氷は、綿飴のようにきめが細かくあふれんばかりにかけられた自家製シロップはとってもジューシー。とろっとした食感のあと甘酸っぱい果汁が口の中に広がって幸せ気分になる。

ひと味もふた味も違う、ここでしか味わえない珠玉のかき氷である。

※以下のお店情報は記事投稿日時点のものです。訪れる際には予め営業日時をお店にご確認ください。

Pick Up
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
RECOMMEND COLUMN

連載コラム

view more
『おいしんぐ!』は、日本の「おいしい!」を求めるすべての人に、
こだわりの食情報をお届けするWEBマガジン。
編集部と筆者陣が全国各地を歩き、料理、食材、作り手などの「食」情報を仕入れている。
——おいしい体験は、毎日をもっと楽しくする——と信じて。